なかなか体重が落ちない!

肉を控えた食生活は逆に太りやすい

 

皆さんがダイエットをするときに、真っ先に控えるのがお肉でしょう。それはこれまで 「動物性脂肪が多い肉は太る」と、いわれ続けてきたからです。

 

しかし、それは全くの誤解です。実際には肉を控えた食生活を続けているほうが、逆に太りやすくなるのです。

 

実は、渡辺信幸先生が院長を努める沖縄徳洲会こくらクリニックがある沖縄県でも、このことを裏づける現象が起こっています。沖縄はかつて日本一の長寿県で有名でしたが、今では日本一の肥満県になってしまっているのです。

 

原因の一つが食事の和食化で、ラフテー(豚肉の角煮)やテビチ(豚足の煮込み)など、肉を使った沖縄料理の消費がへったことが考えられます。つまり、肉の消費量の減少が、沖縄の人たちの肥満に影響しているのです。

 

また、高血圧や糖尿病の患者さんの中には、自主的にお肉を控えている人が少なくありません。しかし、それが体重の減少、血圧や血糖の数値の安定につながらず、医者としてはこのことも気になっていたのです。

 

そうした理由から数年前に考案し、渡辺先生が患者さんたちに指導しているのが、「唐揚げダイエット」です。

肉は鶏肉に限らず、牛肉や豚肉でもよい

 

「毎日、肉をよくかんで食べる」このダイエットで、これまでに高血圧や糖尿病の患者さんが減少し、コレステロール値や中性脂肪値の上昇が抑制されることも確認しています。

 

では、早速、唐揚げダイエットのやり方をご説明しましょう。

 

唐揚げダイエットというネーミングですが、肉は鶏肉に限らず、牛肉、豚肉、羊肉など、自分が食べたいものを1日に200gを目安に食べてください。

 

調理法は自由です。肉の脂身は満腹感につながるので、苦手でなければ、落とさずに食べましょう。また、ラードやバターなど動物性脂肪を使って調理すると、さらに満腹感が増します。もちろん、唐揚げの油もOKです。

 

食べる際は、毎回、肉を30回以上よくかんでください。そのため、時間に余裕のある夕食時か、主婦のかたなら昼食時に肉を食べるのをお勧めします。

無理に野菜やご飯を食べる必要はない

「唐揚げダイエット」は、食べる順番も重要です。まず肉を口の中でドロドロになるまでよくかんで食べてから、野菜やご飯も同じくよくかんで食べます。肉で満腹になるので、無理に野菜やご飯を食べる必要はありません。

 

また、生野菜を先に食べてから肉を食べると、あとから空腹感が強く出るので注意してください。

 

食事の合間におなかがすいたり、口寂しくなったりしたら、肉と同じ良質のたんばく質や栄養のある卵やチーズを食べたり、牛乳を飲んだりすることをお勧めします。

 

甘いものが欲しくなったら、和菓子ではなく、牛乳やバターが原料のシュークリームやバニラアイスを食べてください。

肉は体に必要な栄養素がそろった食品

このように、どうして肉や乳製品を食べると、太るどころかやせるのでしょうか。

 

まず挙げられるのが、肉のたんばく質の優れた効能です。

 

肉の良質なたんばく質には、私たちの体に蓄積した脂肪や糖をエネルギーに変えるL-カルニチンなどのアミノ酸が豊富です。

 

そのため、毎日肉をとると、体の熱生産性が上がって代謝が上がり、やせやすく太りにくい体質に変わっていくのです。

 

また、肉の動物性脂肪にも秘密があります。そもそもコレステロールは、ご飯や麺などの炭水化物をとりすぎてふえた糖が血管を傷つけ、それを修復するためにたまるのです。それが動脈硬化などの原因になります。

 

肉の動物性脂肪がコレステロールの原因だとよくいわれますが、そうではないのです。むしろ、この動物性脂肪が満腹感に直結する役割を果たしてくれます。つまり、肉は体に必要な栄養素がそろった食品なのです。

 

そして、よくかんで食べることで脳の満腹中枢が刺激され、食欲をおさえる神経伝達物質のヒスタミンが分泌されます。最初に肉をよくかんで食べるのも、間食に卵やチーズを食べるのも、こうした理由からです。

 

さらに、肉を食べると脳を活性させる神経伝達物質のセロトニンが分泌されて、イライラや気分の落ち込みが軽減されて、ストレス食いを予防します。肉には神経や筋肉の働きを正常に保つビタミンB1も豊富で、これが疲労感や不定愁訴を軽減し、体の動きを活発にします。

運動する必要はないダイエット

また、このダイエットでは運動の必要はありません。運動をしておなかがすくことが余計な食欲を増進させるので、運動は逆効果になりかねないのです。

 

沖縄徳洲会こくらクリニックの患者さんの例を見ても、ダイエット中は運動をせずに、野菜を無理に食べずに、肉料理を楽しんだ人のほうが健康になり、減量に成功しています。

 

皆さんも、健康的にやせる手段として、渡辺信幸先生が推奨する「唐揚げダイエット」を試してはいかがでしょう。


「唐揚げダイエット」で日本一の肥満県から脱却関連ページ

夫婦で「唐揚げダイエット」を始めて元気になり意欲もでてきた
肉を食べると、血糖値や血圧、中性脂肪値やコレステロール値も上がりにくくなります。
週に3日は唐揚げでダイエットに成功!あごのラインもほっそりした
唐揚げダイエットを続けていると代謝が上がり、やせやすくなるのです。
「唐揚げダイエット」の効果で5カ月後には体重が25kg減った!
唐揚げダイエットは、肉や卵で代謝を上げて、糖質を体に蓄積しないことで減量につなげます。