なかなか体重が落ちない!

姿勢が悪いと全身に負担がかかる

 

普段あなたは、どんな姿勢で立っていますか。前かがみになっていませんか。ひざが曲がっていませんか。

 

日本医科大学大学院整形外科教授の高井信朗先生は、市民講座や健康教室で姿勢の話をよくしています。高井先生が姿勢にこだわるのは、それが整形外科的疾患と深くかかわつているからです。

 

姿勢は全部つながっています。前かがみの姿勢になると、肩甲骨(背中の上部左右にある一対の骨)が前に倒れ、おなかがゆるみ、ひざが曲がってきます。すると、首や肩、腰、ひざなどに過剰な負担がかかり、肩こり、腰痛、ひざの痛みといった運動器の疾患を招きます。

 

これらの痛みは別々に起こっているわけではなく、すべて関連しています。そして、それを引き起こしているのが、悪い姿勢です。したがって、姿勢をよくすれば、それだけで慢性の肩こりや腰痛を予防・改善できるのです。

「ドローイン」は腹横筋のトレーニング

 

では、よい姿勢とはどんな姿勢でしょうか。それは、下半身が安定し、骨盤の上にまっすぐ上半身が乗っている姿勢です。試しに、部屋の壁にかかと、お尻、背中、頭をくっつけて立ってみてください。胸が開き、おなかが少しへこんで、背すじがスッと伸びませんか。それが、よい姿勢です。

 

普段からこういうよい姿勢でいられれば、肩がこったり、腰が痛くなったりすることはないでしょう。ところが、ほとんどの人はよい姿勢をしていません。おなかをゆるめた、らくな姿勢をしています。

 

姿勢は、長くその姿勢を続けていると、自然にその姿勢が身に付いてきます。たとえば、バレリーナの立ち姿は美しいですね。彼女たちは常におなかをへこませ、背すじをスッと伸ばして立っています。そういうよい姿勢を長く続けていると、自然にその姿勢が身に付いてくるのです。

 

反対に、デレッとした姿勢でいれば、おなかはゆるみ、そのゆるんだ状態が、らくな姿勢として国定してしまいます。

 

よい姿勢を保つ要になるのは、おなかを包んでいる腹横筋という筋肉です。おなかは風船のようなもので、腹横筋をゆるめれば膨らみ、へこませれば小さくなります。この腹横筋に適度な緊張を与えると、ちょうど壁に沿って立ったときのように、おなかがへこみ、よい姿勢を保てます。

 

ところが、腹横筋の弱い人やおなかに脂肪がつき過ぎている人は、おなかに力を入れること自体ができません。そこで、トレーニングが必要になってきます。そのトレーニングになるのが「ドローイン」なのです。

ドローインは姿勢をよくするためのスイッチ

ドローインは、腹式呼吸に合わせて行うと、初めはやりやすいでしょう。まず腹式呼吸をして、どれくらい自分のおなかが動くか確かめてください。腹式呼吸が自然にできたら、実際にドローインをしてみましょう。

 

@ 背すじを伸ばして立ちます。息を吐きながら、おなかに力を入れてへこませます。へその上をへこませるように意識すると、やりやすくなります。

 

A 息を吐き切ったら、おなかの力をゆるめ、おなかを膨らませながら息を吸います。

 

最初はこのように、呼吸と連動しながら行いへ自分のおなかを自分で動かせることを実感します。それを何度も練習するうちに、おなかだけをへこますことができるようになります。

 

こうして自在におなかをへこませられるようになると、どんなときでも、意識しなくてもおなかがへこみ、よい姿勢を保てるようになります。ドローインは、そのためのきっかけづくりなのです。

肥満の予防や解消にも役立つ

よい姿勢を保てるようになると、いくつかの波及効果が生まれてきます。

 

まず、このよい姿勢自体が、腹横筋のトレーニングになることです。意識しなくても、常に適度の力がおなかにかかっているので、それによって腹横筋が鍛えられていきます。

 

腹横筋が鍛えられるということは、自前のコルセットが作られるということでもあります。自前のコルセットができると、たくさん食べられなくなるので、肥満の予防や解消に役立ちます。

 

また、おなかに腹圧がかかれば、体幹部が安定し、腰痛も軽くなります。のみならず、肩こりやひざの痛みなど、悪い姿勢によって起こる一連の痛みを予防できます。

 

このように、おなかに適度な緊張を与えてよい姿勢を保つことは、美容の面でも健康の面でも、非常に有意義です。そのために、まずドローインを練習してください。

 

ドローインは、特に大きな病気がない限り、どなたが行っても安全です。ぜひ、皆さんにやっていただいて、よい姿勢を身に付けるきっかけにしてほしいと思います。


「ドローイン」は腰痛・ひざ痛・を撃退し、肥満の予防や解消にも役立つ関連ページ

「何をしても体重が落ちない」人には骨盤ドローイン!
「おなかはへこませたいけど、つらい運動はしたくない」という人には、まさにうってつけのエクササイズです。
骨盤ドローインのやり方
1日に30秒へこますのを10回行うのを目標に行うといいでしょう。
優木まおみさんもメリハリボディが実現!「ドローイン」はタレントの間でもひそかなブームに
楽しておなかをへこませるのに、これ以上のエクササイズはありません。
「骨盤ドローイン」で体重が6kg減!あごや首のラインがシャープに
腰への負担が少ないので、腰痛の再発予防にも非常によいエクササイズです。
「ドローイン」を始めて半年後には体重が10kg減って腰痛まで改善
ドローインを続けると腰を安定させるので、ギックリ腰や腰痛も改善します。
「ドローイン」はおなかをへこませるだけの簡単ダイエットだから続けられる
体重が落ちない人に効果が出やすいので、2週間で効果は十分期待できると思います。