なかなか体重が落ちない!

埼玉県 38歳 整体師 男性の方の体験談です。

ギックリ腰の再発で仕事にも支障をきたすように

 

20代のころ、私は自衛隊に籍を置いていました。そのころはあまり太れず、体重が52〜53kg(身長160cm)しかありませんでした。

 

しかし、自衛隊を辞めてから、じわじわと太り始め、数年前には、ついに64kgまで太ってしまいました。食生活が変わり、運動をまったくしなくなったためだと思います。

 

太ったこともさることながら、もっと深刻だったのは腰痛です。ギックリ腰が再発して、一度起こると丸一日動けなくなってしまうのです。痛みも1〜2週間続きました。それが頻発し、仕事にも支障をきたすようになってきました。

 

また、狭心症のような胸の痛みもありました。病院で検査を受けても問題はなく、太り過ぎで心臓に負担が掛かっているのではないかと言われました。

自衛隊の歩き方にドローインをプラス

そんなことが重なって、「これはなんとかしなくては」と思いましたが、元来、運動は好きではありません。でも、歩くことならできます。そのときに思い出したのが、自衛隊の歩き方でした。

 

自衛隊の歩き方といっても、一般の人はご存じないでしょう。いちばんわかりやすいのは、自衛隊が行進しているときの歩き方です。実は、20数年前もギックリ腰のような状態になったことがありますが、自衛隊に入ってこの歩き方をするうちに治ってしまったのです。

 

それは、へそ下三寸にある丹田(たんでん)に意識を集中し、お尻の穴をキュッと締めて、60cmの歩幅で一定のスピードで歩くというものです。私はそれに「ドローイン」を加えました。歩きながら、下腹をぐっとへこませるのです。若いころ、呼吸法を勉強していた私には、おなかをへこませるのは、わけないことでした。

 

私は毎日、合計1時間から2時間、ドローインを行いました。やり方はこうです。

 

100〜200mの間隔で目印を決め、その間、おなかをへこませます。例えば、電柱から次の電柱までおなかをへこまして歩き、しばらく休んで、また始めるという具合です。

 

また、デパートの階段を、おなかをへこませたまま、1階から4階まで上り下りします。あまり長くやるとおなかも疲れるので、疲れない程度にやりました。

腹筋が割れるくらい、おなかが引き締まった

 

この歩き方をして2〜3カ月もすると、ギックリ腰が起こらなくなりました。やせてきたことに気付いたのは、それからです。1カ月に体重が2kgくらいずつ落ちていき、ドローインを始めて半年後には、10kgも減っていました。

 

64kgあったころは、おなかもポッチャリして、体脂肪率が29%もありましたが、いちばんやせたときには15%を切っていました。おなかに乗っていた脂肪も取れて、腹筋が割れるくらい、おなかが引き締まってきたのです。

 

やせてからは胸の痛みもなくなり、腸の働きがよくなったせいか、快便になりました。

 

ところがその後、病気のためにドローインを続けられなくなり、体重も58kgまで戻ってしまいました。しか
し、私がしている整体の仕事は体力を使うので、今くらいがちょうどよいようです。

ドローインはいいことずくめの健康法

ただ、これ以上太らないように、歩かなくてもおなかはへこませています。歯を磨いているときや、食器を洗っているとき、また、外出したときは階段の上り下りのときにへこませています。ですから、今は体重が極端に増えることはありません。

 

ドローインは、いいことずくめの健康法です。筋力のバランスが整い、カロリー消費が増えます。また、おなかを強くへこませることで、胃や腸が刺激されて動きがよくなります。それが、腰痛や痩身、便通などの効果につながったと思います。

 

こうした私の経験から、私は整体のお客さまにもドローインを勧めています。ただ、女性は筋力が弱いので、思うようにおなかをへこませられないようです。それができて、続けられれば、間違いなく効果は表れます。

了徳寺大学健康科学部講師 岡田隆先生の解説

お尻を締め、下腹(丹田)を意識する自衛隊の歩き方は、理想的なドローインのやり方です。丹田の位置には、腹横筋の一部がありますから、そこを意識することは、腹横筋を意識することにつながります。

 

筋トレでは、筋肉の場所を意識して行うことが非常に大事です。ドローインを続けると、腹横筋がコルセット状に体幹部を支え、腰を安定させるので、ギックリ腰や腰痛も改善します。

 

また、ドローインは腸にもよい影響を及ぼすと思います。腹横筋によって腸管が刺激を受けると、なんらかの排便反射やぜんどう運動(腸が内容物を肛門のほうへ送る動き)が促進される可能性があります。これで便秘が改善したという声はよく聞きます。


「ドローイン」を始めて半年後には体重が10kg減って腰痛まで改善関連ページ

「何をしても体重が落ちない」人には骨盤ドローイン!
「おなかはへこませたいけど、つらい運動はしたくない」という人には、まさにうってつけのエクササイズです。
骨盤ドローインのやり方
1日に30秒へこますのを10回行うのを目標に行うといいでしょう。
「ドローイン」は腰痛・ひざ痛・を撃退し、肥満の予防や解消にも役立つ
よい姿勢を保つことは、美容の面でも健康の面でも、非常に有意義です。
優木まおみさんもメリハリボディが実現!「ドローイン」はタレントの間でもひそかなブームに
楽しておなかをへこませるのに、これ以上のエクササイズはありません。
「骨盤ドローイン」で体重が6kg減!あごや首のラインがシャープに
腰への負担が少ないので、腰痛の再発予防にも非常によいエクササイズです。
「ドローイン」はおなかをへこませるだけの簡単ダイエットだから続けられる
体重が落ちない人に効果が出やすいので、2週間で効果は十分期待できると思います。