なかなか体重が落ちない!

餃子+炭酸水を取るのがポイント

 

それでは、「餃子ダイエット」のやり方をご説明しましょう。

 

基本になるのは、夕食として300g程度の餃子と、500ml程度の炭酸水(ビールでも可)を取ることです。餃子300gは、一般的な大きさの餃子なら、12〜16個程度になります。大きめの餃子なら、その分、数を減らしてください。

 

いちばんお勧めなのは、ピューマ渡久地ボクシングジム会長の渡久地(とぐち)聡美さんの考案したスタミナ餃子です。消化・吸収をよくするヤマイモや、栄養価の高い卵黄を加えてあり、ボクサーにも大好評のスペシャル餃子です。

 

もちろん、ご家庭で作り慣れた餃子でもけっこうですし、市販品や外食の餃子でも構いません。その場合、できるだけニラがたっぷり入っているものを選ぶとよいでしょう。

 

「焼く・蒸す・ゆでる」など、いろいろな調理法ができるのも餃子の魅力です。好みの調理法でよいのですが、最もお勧めなのは焼き餃子です。パリッとしておいしく、食べ応えがあり、余分な水分も抜けるからです。

 

焼くときの油は少量にし、できれば体にいい上質のオリーブ油を使うと理想的です。

炭酸水がダイエット効果を高める

たれは、ラー油入りの酢じょうゆが一般的ですが、私がよくお勧めするのは、和ガラシとしょうゆです。

 

酢じょうゆだと、ついたっぷりつけてしまいますが、カラシじょうゆだと、自然につける量が少なくなります。意外かもしれませんが、酢じょうゆよりのどが渇きにくく、その分、余分な水分を取らなくなります。

 

餃子と一緒に飲むものとして、水やお茶でなく、炭酸水を勧めるのは、含まれる炭酸ガスに、

 

・満腹感をもたらす

 

・腸の動きを促す

 

・血行をよくする

 

・体の酸化を防ぐ

 

などのメリットがあるからです。体に必要な適量の水分を、炭酸水で取ることで、より代謝を促し、ダイエット効果を高めることができます。

できれば10日間は続けてみる

 

炭酸ガスはビールにも含まれるので、ビールを飲んでもけっこうです。ただし500ml、つまりロング缶1本程度という量は、必ず守ってください。

 

夕食時、餃子と炭酸水(ビール)以外は、原則として取らないようにします。これだけでもかなりボリュームがあり、餃子の種類も変化をつけられるので、「おなかがすく」「飽きる」という人は、これまでいませんでした。

 

むしろ、「こんなに食べていいの?」「満足できる」という人が大部分です。

 

最低でも1週間、できれば10日間はこの食事法を続けてみてください。確実に効果が得られるはずです。

 

なお、希望体重まで減らせたら、餃子ダイエットはやめて構いませんが、そのまま継続しても、もちろん大丈夫です。

昼食は炭水化物を中心に食べる

加えて、朝食と昼食も以下のようにすれば、さらに効果が高まります。

 

朝食には、バナナ1本と、果汁100%のオレンジジュースをコップ1杯取ります。腹持ちがよい上、エネルギーに変わりやすい果糖と、エネルギー変換に必要なビタミンCが取れるので、午前中、バテずに活動的に過ごせます。

 

昼食には、パスタやその他のめん類、定食、パンなど、炭水化物を中心に、500g程度の食事と、300ml程度の水分(水、お茶、炭酸水など)を取ります。炭水化物と合わせて500g以内なら、おかずも普通に取って構いません。

 

日中は活動量が多いので、燃料になる炭水化物をしっかり取ることが大事なのです。そうすれば、夜におなかがすくのも防げます。

 

それでも、どうしても昼食と夕食の間におなかがすくという人には、「あんこ」をお勧めしています。

 

あんこの材料であるアズキには、糖質をエネルギーに変換して、脂肪の燃焼を促すビタミンB群が豊富です。食物繊維や各種のミネラルも多く、代謝の促進に役立ちます。

餃子ダイエットにプラスする間食として最適

あんこなら、甘い物を食べたい欲求を満たしつつ、ダイエットの後押しができるのです。プチ大福などは食べやすく、適量のあんこが取れるので、餃子ダイエットにプラスする間食として最適です。

 

「食べてはダメ」「食べるなら低カロリーのもの」というダイエットをしてきた人は、「こんなに食べると太るのでは?」と怖くなるでしょうが、重さや水分の目安を守れば大丈夫です。安心してください。

 

食べずにやせようとすると、体は「防衛本能」として、体脂肪を増やそうとします。餃子ダイエットでバランスよく食べ、体の機能をしっかり使ってやせると、体調もよくなり、リバウンドしにくい本物のダイエットができます。楽しみながら、チャレンジしてみてください。


餃子ダイエットの詳しいやり方関連ページ

「餃子ダイエット」は筋肉を落とさず脂肪を燃やすボクサーの減量法
餃子ダイエットは誰でも安全に行えるダイエット法です。早い人では、1〜2日目から、体重の変化を実感できます。
友人がすすめてくれた「餃子ダイエット」は1週間で1.8kg減の効果!
ハードなダイエットはしたくないという人に、思い立ったその日から気らくにできる、餃子ダイエットはおすすめです。
「餃子ダイエット」でストンと4kgやせて体調もよくなった
栄養バランスを取りつつ食事管理ができ、食べる満足感も味わえるので続けやすいダイエットです。
餃子ダイエット」でウエスト8cm減!ボンがゆるゆるになった
餃子ダイエットは、ボクサーの減量メニューから考案されただけあって、男性にも向いています。