なかなか体重が落ちない!

下腹が減り、9号の服が余裕になった神奈川県 38歳 会社員 女性の方の体験談です。

9号の服も最近はパツパツ

 

私は、10年前まで体重が48kg(身長は158cm)でした。それ以前はもっとやせていて、太りたくて苦労していたほどです。それで、自分は太ることとは無縁だと思っていました。

 

ところが、30代半ばに、「あら、体重がちょっと増えたかな」ということが積み重なって、5年間で体重が56kgになってしまいました。以前はちょうどよかった9号の服も、最近はパツパツになってしまい、「少し体重を減らさなければ」と思い始めたのです。

 

そんな私に、友人が「餃子ダイエット」のことを教えてくれました。「これなら、楽しみながら体重が落とせるかもしれない」と思った私は、早速始めてみました。

 

餃子は20個(400g)入りの市販品を買い、毎日7時ごろに取る夕食で、半分の10個ずつ食べることにしました。

 

餃子を食べながら炭酸水を飲むのが基本のやり方だそうですが、私は炭酸水もビールも苦手なので、自家製のお茶(タマネギの皮・ゴボウ茶・黒ウーロン茶を合わせて煎じたもの)を、150〜200ml飲むことにしました。

「あごのラインがスッキリしましたね!」

私は、もともと昼食をしっかり食べ、夕食は軽く食べるようにしてきました。そんな私にとって、このお茶と餃子10個は、ちょうど満腹になる量です。おなかがすいてつらい、ということはありませんでした。

 

ちなみに、朝食は6時半〜7時に、バナナ1本とオレンジジュースコップ1杯に加え、ヨーグルト1カップと、季節の果物(今回はナシとトマト)も取りました。昼食はだいたい午後1時ごろ、ステーキなどの肉料理を筆頭に、いろいろなおかずを、ごはんとともに食べました。

 

すると、3日日に体重が1・2kg減って54・8kgになりました。さらに続けると、1週間で計1・8kg減って、54・2kgになったのです。下腹が以前より平らになり、9号の服に余裕が出たのでホッとしました。いつも行っている美容院では、「あごのラインがスッキリしましたね」と言われました。

 

1週間でこれだけやせたので、餃子ダイエットはひとまず終了にしました。空腹感を感じないで気軽にできるので、また体重が増えてきたらやろうと思っています。

スワミチコこどもクリニック院長 諏訪美智子先生の解説

この方のように、「体重を減らさなければ」と思いながらも、ハードなダイエットはしたくないという人は多いでしょう。そんなとき、思い立ったその日から気らくにできる、餃子ダイエットはお勧めです。週末にくり返したり、2〜3日おきにやったりして、体重コントロールに役立てるのも、よい活用法でしょう。


友人がすすめてくれた「餃子ダイエット」は1週間で1.8kg減の効果!関連ページ

「餃子ダイエット」は筋肉を落とさず脂肪を燃やすボクサーの減量法
餃子ダイエットは誰でも安全に行えるダイエット法です。早い人では、1〜2日目から、体重の変化を実感できます。
餃子ダイエットの詳しいやり方
餃子ダイエットでバランスよく食べ、体の機能をしっかり使ってやせると、リバウンドしにくい本物のダイエットができます。
「餃子ダイエット」でストンと4kgやせて体調もよくなった
栄養バランスを取りつつ食事管理ができ、食べる満足感も味わえるので続けやすいダイエットです。
餃子ダイエット」でウエスト8cm減!ボンがゆるゆるになった
餃子ダイエットは、ボクサーの減量メニューから考案されただけあって、男性にも向いています。