なかなか体重が落ちない!

ひどい腰痛もへって、総コレステロール値も正常値に下がった東京都 47歳 会社役員 女性の方の体験談です。

食生活の乱れよりも眠れないのが原因

 

7年前に、父が経営する会社の役員になってから、深夜の食事やストレスなどで、20kg以上も太ってしまいました。

 

腰痛もひどく、健康診断では総コレステロール値が高いと指摘され、やせなくてはと痛感。一方で、床に就くと翌日の予定が頭をよぎって、なかなか眠れない日々が続いていました。

 

寝つくまでに1時間以上もかかるうえ、夜中にセキ込むなどして、何度も目が覚めます。朝になっても疲れが取れず、病院から処方された精神安定剤を飲むようになったのです。

 

そんな中で、2014年の初めに、東京台東区よみせ通り診療所の佐藤佳子先生にお会いしました。相談したところ、私の肥満は「食生活の乱れ以上に、熟睡できていないことが原因」と、思いがけないことを指摘されました。

 

早速、先生の指導を受け、正しい睡眠でぐっすり眠ってやせる「寝るだけダイエット」を始めることにしたのです。

寝室の照明を暗くして空気清浄機を設置

 

まず、炭水化物に偏りがちだった食事を、たんばく質や野菜中心に変えました。それでも不足しがちなビタミンやミネラル、たんばく質は、サプリメントで補います。

 

また、精神安定剤を飲むのをやめ、代わりに鎮静作用のあるハーブのサプリをとることにしました。

 

夕食は、遅くとも就寝の2時間前までに済ませます。どうしても無理なときは、野菜スープなどを食べるようにしました。

 

入浴は、就寝直前にシャワーを浴びて済ませていたのを、なるべく早い時間帯に、ぬるめのお湯に10分程度、ゆっくりつかるようにしました。

 

寝室の照明も、白熱灯電球を、オレンジ色の電球に変えて、暗くして眠るようにしました。

 

パソコンや携帯電話を、就寝間際にいじるのも厳禁です。

 

また、寝室の空気が汚れていると熟睡できない、ということも教わったので、フィルターの性能がいい空気清浄機を置くようにしました。

驚くほど寝つきがよくなった

「寝るだけダイエット」を始めて1、2カ月たつと、驚くほど寝つきがよくなりました。それまで、最低でも1時間は目が冴えて眠れなかったのが、5、6分で入眠できるのです。

 

夜中に目が覚めることもなく、熟睡できるようになりました。

 

それとともに、食欲もおさえられ、食べすぎてしまうことがなくなったと気づきました。

 

そして3カ月後には、先生の提唱する「3・3・7睡眠法」が実践できるようになったのです。このころ、急に髪の質がよくなった印象があります。

 

半年ほどで顔のむくみが取れ、背中、おなか、お尻の肉が落ち始めたのを実感。ダイエット効果が現れ始めました。

総コレステロール値も正常域に下がった!

9カ月目には体重が5kgへり、1年後にはなんと、82kgだった体重が72kgに(身長は160cm)。10kgもの減量に成功したのです。

 

95cmあったウエストは、80cmまで細くなりました。洋服のサイズは、17号だったのが、13号を着ることができます。

 

身軽になったことで、腰痛も軽くなり、総コレステロール値も、正常値に下がりました。

 

今は、ぐっすり眠ってさわやかに目覚め、仕事も充実。心身ともに健康を実感しています。今回のダイエットで、睡眠が体に及ぼす影響を知ることができたのは、大きな収穫だと思っています。

よみせ通り診療所所長 佐藤佳子先生の解説

仕事のストレスを引きずって緊張状態のまま床に就き、寝つきが悪くなるというのは、現代人に多いパターンです。不眠になると脂肪燃焼に働くホルモンがへり、一方で食欲増進に働くホルモンがふえるので、肥満が進行します。

 

この状態での食事制限などは逆効果。それよりもぬるめの入浴や暗い照明などで、就寝前に緊張を取ることが先決です。


「寝るだけダイエット」の効果で10kgもの減量に成功!睡眠の大事さを知りました関連ページ

「3・3・7睡眠法」で正しい睡眠をとればきつい運動なしに1年で10kg減量も
寝るだけダイエットは、ただ眠りさえすればやせるわけではありません。成長ホルモンの働きを高める、「正しい睡眠」を取ることが大切です。
寝るだけダイエットを成功させるには質のよい睡眠を適切に取ること
寝るだけダイエットの効果を上げる室内環境の作り方
睡眠環境を適切に整えることで「正しい睡眠」が取れるようになります。
「寝るだけダイエット」で8日で3kg減量に成功!首の肉が取れて、あご周りがスッキリ
睡眠の質を高めて、成長ホルモンの分泌をふやすよう寝室環境を改善した結果、ダイエットに成功しました。
身体の拘束をとるノーパン睡眠でダイエット
脳や体の疲れをすっかり解消できるほどの、快くて深い睡眠が得られるのです。
寝るだけでダイエットしたいなら夕食にキムチと寝る前の軽いストレッチが効果的
夕食に辛くて熱いものを食べて体温を上げ、さらに寝る前に運動をして熱を発散させれば、熟睡できて脂肪も燃焼します。