なかなか体重が落ちない!

原始人食ダイエットで小尻になりくびれが出現した大阪府 44歳 主婦の方の体験談です。

白飯は主食ではなくおかずの1つ

 

私が「原始人食」を知ったのは、母のガンがきっかけでした。肺ガンでステージ4の宣告を受けた母の病状は、もはや手術や放射線治療が行えない段階でした。あとは、抗ガン剤を使って少しでも延命を図るしかないというのです。

 

ただ、抗ガン剤の効果については、疑問がありました。そこで、ほかに何かいい手立てはないかと探していた中で巡り合ったのが、崎谷博征先生が勧める原始人食だったのです。

 

そして、母に原始人食を作るかたわら、私たち家族も、健康のために原始人食を食べることにしたのです。それが、今年の3月のことでした。今までは、ご飯が主食で、残りのおかずは、ご飯を食べるための副食でした。しかし、原始人食を始めてからは、こうした考え方が大きく変わったのです。

 

まず白飯は、主食ではなく、おかずの1つになりました。ご飯を食べる回数がへり、食べる量も今までの2分の1〜3分の1になりました。それでは、私が食べていた1日のメニューを具体的にご笥介しましょう。

 

朝食は、グレープフルーツやキウイ、アボカドなどの果物に、少量のヨーグルト、卵料理。

 

昼食は、昨晩の残り物などの場合も多いですが、中心は温野菜料理。

 

夕食は、脂肪を切り落とした鶏の胸肉や鶏のササミ、魚(青魚が中心)を食べ、サラダなどで野菜をたくさんとります。キノコ類や海藻類も積極的に食べました。

体が軽くなり疲れにくくなった

 

できるだけ添加物の少ない素材、食品を選び、料理は極力シンプルにすることを心がけています。全体として薄味になり、前に比べると、蒸し料理がふえました。

 

炒め物は、主にココナッツ油を使って調理します。市販のマヨネーズなどは使わず、オリーブ油とレモン汁のドレッシングを作ります。ケチャップやソースも使いません。

 

原始人食を始めて、まず最初の1週間で感じたのは、体が軽くなり、疲れにくくなったことです。

 

そして、続けていくうちに、自分がいかにお菓子やケーキといった甘い物に依存していたか、しみじみ感じるようになりました。以前は、やはり甘い物を食べずにはいられないところがあったのです。それらを食べなくなってみて初めて、自分の依存体質を実感できました。

 

もちろん、ときにはお菓子類を口にすることがあります。しかし、前ほどおいしいと感じられません。それどころか、気分が悪くなることさえあるのです。

頑固な肩こりが解消し肌がきれいになった

そのダイエット効果は、想像以上でした。

 

以前の体重は、56〜57kg。身長が160cmですから、ちょっと太目です。おなかやお尻などに余分な肉がついて、気になっていました。ただ、気にはなりつつも、「これでもいいかな」と半ば諦めてもいたのです。

 

そもそも原始人食は、健康のために始めたものですが、体重はみるみるへり始めました。半年たたないうちに、体重は48kgまで落ちて、約9kgもやせたのです。この間、ダイエットで苦労した覚えは全くありません。

 

我慢せず、おなかいっぱい食べていたのに、やせたのです。気になっていたおなか周りも引っ込み、ウエストはくびれました。お尻も小さくなり、今までの服は、すべてゆるゆるになっています。

 

体調もよくなりました。頑固な肩こりが解消し、肌がきれいになりました。今までは爪が弱く、よく欠けたりしていましたが、それもよくなっています。

 

原始人食をご指導してくださった崎谷先生にはほんとうに感謝しています。

医師 崎谷博征先生の解説

原始人食は高たんばく食であるため、続けると消化と代謝で使われるエネルギーが自然にふえ、無理なくやせます。毎回の食事で満腹感が得られるため、リバウンドの心配もありません。

 

原始人食で食べてはいけないとされる加工肉や菓子類などを摂取していると、リーキーガット(腸管壁浸漏症候群)が生じ、体内に慢性炎症が引き起こされます。

 

それが、現代人のさまざまな不定愁訴の原因となるのです。原始人食はこの慢性炎症を改善します。これによって、疲労感や肩こりといった不定愁訴が改善し、体調もよくなったと考えられます。


約9kgもやせた原始人食ダイエット。体調もよくなって頑固な肩こりも解消関連ページ

「原始人食」ダイエットで2週間で体重は5kgもへり健康に
ダイエットはもちろん、生活習慣病や体調不良の改善に、原始人食は強力な援軍となります。
「原始人食ダイエット」やり方のポイント
無理なく、優れたダイエット効果をもたらす食事、それが原始人食なのです。
「原始人食」で50kgだった体重が2カ月後には45kgまで落ちて、ぐっすり眠れるようになった
高たんばく食、かつ、炭水化物の摂取を制限した食事であるため、ダイエットには最適です。リバウンドもなく、無理なくやせていきます。