なかなか体重が落ちない!

鶏のから揚げと食感がそっくり!

 

鎌倉にある鍼灸院・四次元堂所長の橋爪佐和子先生は、昔から料理のレシピコンテストに応募するのが大好きでした。昨年も、あるコンニャクメーカーが主催したコンテストに応募し、グランプリを獲得することができました。このとき考案したメニューに使ったのが、「水抜きコンニャク」です。

 

コンニャクは、いったん冷凍し、解凍した後でギュットと絞ると、含まれている水分が抜けます。この水分が抜けきってスポンジ状になつたものを水抜きコンニャクと呼んでいます。

 

水抜きコンニャクには、普通のコンニャクにはない、シコシコ、キュッキュッとした独特でクセになる食感があります。橋爪先生がグランプリをとったメニューでは、鶏肉の代わりに水抜きコンニャクを使ってから揚げを作ったのですが、「本物の鶏肉のような食感がある」「大人も子どもも楽しめる」と好評でした。

 

実は、水抜きコンニャクは橋爪先生の発明ではありません。実家の母が昔から、ムニエルや揚げ物などの料理に水抜きコンニャクを使っていたのです。橋爪先生の母の父はマクロビオティック(玄米菜食を中心とした食事療法)に関心のある人でしたから、おそらく水抜きコンニャクもその知恵の一つだったのでしょう

 

レシピコンテストを機に、あらためて水抜きコンニャクの可能性に気付いた橋爪先生は、その後、さまざまな料理に水抜きコンニャクを使いました。

「しっかり食べた」という満足感がある

 

すると、体にうれしい変化が表れたのです。

 

実は昨年の6月に結婚して以来、大食漢で外食好きの夫との食事が影響し、橋爪先生は少々太ってしまいました。ところが、水抜きコンニャクを使った料理を食べ始めると、スルスルとやせたのです。

 

体重は、わずか3カ月で47kgから40kgに減りました(身長は156cm)。

 

橋爪先生と同じ食事を取ったご主人にいたっては、なんと96kgから84kgに(身長は178cm)。ご夫婦で合わせて19kgものダイエットに成功したのです。

 

考えてみれば、コンニャクはカロリーのほとんどない食材で、100gで5kcalです。摂取カロリーが減れば、やせるのは当たり前。

 

水抜きコンニャクは、揚げ物や炒め物から煮物まで、メインのおかずに使われる肉や魚介類の代わりになります。そうすることで、カロリーを抑えた食事を取ることができるのです。

 

特に、食感が肉に似ているため肉料理の代用品だと考えていただくとよいかもしれません。

 

さらに、水抜きコンニャクは、水が抜けた分、普通のコンニャクよりも味がよく染みます。ですから、しっかりとした味を付ければ、和食、洋食、中華など、どんな料理にもよく合う万能食材なのです。

 

このような食感と味付けのおかげか、ご主人も最初はコンニャクを使っているとは気付きませんでした。

 

一般的な低カロリーのダイエット食と異なり、水抜きコンニャクを使った料理は「しっかり食べた」という満足感があります。

 

また、水抜きコンニャクのしっかりとしたかみ応えも減量に役立ったのでしょう。かみ応えがあれば、かむ回数が増えるため、肥満の原因である早食いを避けることができます。コンニャクに豊富に含まれる食物繊維も、減量には役立つはずです。

味付けや主に対するストレスはゼロ!

では、水抜きコンニャクの作り方をご紹介しましょう。

 

@ まず、コンニャクを用意します。コンニャクは、煮物などに使う一般的な市販品を使います。上等な生コンニャクは、解凍後、食感が硬くなるので水抜きコンニャクには向きません。

 

A コンニャクは、洗ってぬめりを取ってから、料理の用途に応じて切り分け冷凍します。

 

切り方は、肉料理の肉の代わりをイメージして、「ひと口大ぶつ切りサイズ」「ステーキ切りサイズ」「ベーコン切りサイズ」「短冊切りサイズ」「そぼろ切りサイズ」などがお勧めです。

 

また、コンニャクは完全に凍るまで時間がかかるので、一晩以上凍らせてから使用するとよいでしょう。また解凍後、コンニャクはかなり縮みます。小さく切り過ぎると食感が硬くなるので注意してください。糸コンニャクやシラタキも硬くなり過ぎるので水抜きコンニャクには向きません。

 

B 使うときは、熱湯をかけて一気に解凍します。もちろん、常温で解凍しても構いません。解凍後は、キッチンタオルなどで包んでから、両手でしっかりと絞って水を抜きます。この水抜きで、コンニャク独特の臭みが消えます。

 

水抜きコンニャクは、濃い味の料理や、薬味・スパイスを使った料理にもよく合います。ただ、味が染みやすいため調味にはご注意ください。火もすぐに通ります。

 

肉や魚介類を適量合わせて使うと旨味も加わりますし、慣れないうちは、そのほうが食べやすいかもしれません。私の周囲で評判がよいのは、そぼろ切りの水抜きコンニャクを使ったギョウザやつくねです。

 

食事調整によるダイエットは、味付けや量に対するストレスが多く、続けづらいと聞きます。水抜きコンニャクであれば、そのストレスはほとんどありません。

 

また、コンニャクは1枚100円程度で、お肉よりも何倍もお買い得! ある程度冷凍しておけば、家計がピンチのときや買い物に行けない日のお助け食材にもなります。

 

食事はおいしくたっぷりと食べたい。でもやせたい! という人は、ぜひ水抜きコンニャクを試してみてください。


わずか3カ月で47kgから40kgに減!調理も簡単「水抜きコンニャク」ダイエット関連ページ

「水抜きコンニャク」はダイエットに理想的な食材
いつもの食事に少しコンニャクを加えれば、不足しがちな食物繊維をある程度補うこともできます。
3カ月でドカンと12kgもやせた「水抜きコンニャク」
水抜きコンニャクの適度なかみ応えは、早食いによる大食を避けることもできます。