なかなか体重が落ちない!

気付けば90kgを超えていた

 

デザイナーの橋爪玲さんは、自他ともに認める大食漢です。空手で体を鍛えていた学生時代の習慣がすっかり身に付いてしまったようで、食事はとにかく量がないと満足できません。どんぶり飯も2杯は楽勝。焼き肉屋へ行けば、1人で4〜5人前はペロリと平らげてしまいます。

 

もちろん、ビールと仕上げの冷麺、クッパは別腹です。

 

こんな食習慣を続けていれば当然、太ります。おまけに今は、デザイナーという仕事柄、運動不足に陥りがちです。体重は、気付けば90kgを超えていました(身長は178cm)。

 

そんな橋爪さんが昨年の夏、3カ月でドカンと12kgもやせたのです。きっかけは、奥さんがレシピコンテストのために考案した「水抜きコンニャク」の料理でした。

言われるまで気が付かなかった

水抜きコンニャクは、普通のコンニャクを凍らせて水を抜いたものだそうです。

 

奥さんはこれで、から揚げのような料理を作りました。試作の段階から何度か食べましたが、食感はかみ応えのある鶏肉のような感じで、橋爪さんは言われるまでコンニャクだと気付きませんでした。

 

スパイスが効いているため、ごはんはもちろん、酒のつまみにもよく合います。コンニャクは、一度凍らせるだけで、ずいぶん感じが変わるものだと橋爪さんは驚きました。

 

その後、奥さんは水抜きコンニャクにハマったようで、あれこれと料理に使い始めました。

 

すると、二人とも徐々に体重が落ちていったのです。それまでおなかに収めていた肉や魚介類の大部分が、低カロリーのコンニャクに変わったのですから、やせたのは当然の結果と言えるでしょう。

かめばかむほど旨味が出てくる!

 

実は、その年の9月に、橋爪さんはハワイで開かれる自転車レースに参加する予定でした。レースでは、体にフィットするウェアを着用します。せっかくだから、このウェアを格好よく着てみよう。そう思った橋爪さんは、さらに意識して水抜きコンニャクを食べるようになりました。

 

夫婦二人で、1食に1枚(250g)くらいのコンニャクを食べたでしょうか。一時は昼食と夕食の1日2回、水抜きコンニャクを使った料理を食べていました。

 

でも、量も味も、物足りないと感じたことはありません。ギョウザはジューシーで、いつもと変わらぬ旨味を感じました。ベーコンの代わりにアスパラに巻いたものも、ソースが染みて楽しめます。

 

水抜きコンニャクは、スポンジ状のせいか味がよく染みます。その上、かめばかむほど旨味が出てくるような感じです。

 

また、ある程度のかみ応えがあるため、自然とかむ回数が増えます。橋爪さんは早食いのクセがあるのですが、水抜きコンニャクを食べるときは、食べるスピードが少し遅くなります。そのせいか、普段よりも満腹感を得やすいように感じました。

体もらくに動くように!

水抜きコンニャクで体重が落ち始めると、体もらくに動くようになります。それまでは1日に自転車で40km走るのがやっとだったのに、らくらく100km走れるようになったのです。

 

おかげで、96kgだった体重は3カ月で84kgまで落ちました。デニムのサイズも、36インチから30〜32インチまで下がっています。望みどおり、レースではウェアも格好よく着ることができました。橋爪さんは友人に、「プロレスラーみたいな筋肉質の体になった」と驚かれたものです。

 

水抜きコンニャクは、健康にもよいと橋爪さんは感じています。

 

食べ過ぎたりお酒を飲み過ぎたりすると、右わきの肝臓の辺りが重く感じることがあります。しかし、水抜きコンニャクを使った料理では、そんな感覚はありません。お酒を飲み過ぎても、翌朝、顔があまりむくまなくなりました。

 

お通じもよくなります。1日1回の通じが、多いときで5回もあったのです。便の量も奥さんに報告したくなるほど、しっかりとしたものでした。

 

橋爪さんのように食事とお酒が大好きという人は、健康管理に水抜きコンニャクがお勧めです。水抜きコンニャクを使った料理は、男の舌と腹を満足させると保証します。

東京農業大学教授 田中越郎先生の解説

橋爪さんのように食事で肉ばかりを食べてしまうという人は、その一部を水抜きコンニャクに置き換えることで食べ過ぎを防ぐことができます。

 

水抜きコンニャクの適度なかみ応えは、早食いによる大食を避けることもできます。


3カ月でドカンと12kgもやせた「水抜きコンニャク」関連ページ

わずか3カ月で47kgから40kgに減!調理も簡単「水抜きコンニャク」ダイエット
食事はおいしくたっぷりと食べたい。でもやせたい! という人は、ぜひ水抜きコンニャクを試してみてください。
「水抜きコンニャク」はダイエットに理想的な食材
いつもの食事に少しコンニャクを加えれば、不足しがちな食物繊維をある程度補うこともできます。