なかなか体重が落ちない!

お通じもいつもより量が多くなった 山梨県 58歳 会社経営の方の体験談です。

元の体重まで戻すのに時間がかかる

 

私は毎年、年末年始が過ぎると体重が3kgほど増えてしまいます。忘年会、新年会と、おつきあいでごちそうを食べる機会が多いからでしょう。

 

ただ、普段は66〜67kgの体重が70kgまで増えると(身長は167cm)、体は当然重くなります。また、いったん太ると、元の体重まで戻すのに時間もかかります。

 

しかし、わかっていても食事の量を減らすのは容易ではありません。そんな私の体を心配してくれたのか、昨年の暮れから年明けにかけて、家内が私の食事に「水抜きコンニャク」を多く使ってくれるようになりました。

 

わが家では、昔から煮物や妙め物で水抜きコンニャクをときどき使っていました。ただ、私は仕事柄、家で食事を取れるのは週末しかありません。家内は週末の食事に、水抜きコンニャクを多く使ってくれたのです。

食事の量を減らしてないのに太らなかった

水抜きコンニャクは、冷凍・解凍という手間を加えているとはいえ、やはりコンニャクです。際立った味があるわけではありません。

 

ただ、食感は肉のような感じに変わります。どのような味付けをしているのかはわかりませんが、具が水抜きコンニャク、ニラ、ハクサイだけのギョウザでも、普通の肉を使ったギョウザと同じように、おいしくいただけるのです。

 

おかげで、食事の量を減らした意識はないのに、今年は体重の増加がありませんでした。

 

元々よいお通じも、さらによくなっています。いつもより量が多く、爽快感があるのです。昔からコンニャクは腸をきれいにするといわれていますが、確かにそうだと納得しました。

 

また、私は食べ過ぎるといつも眉問の皮膚が湿疹のように赤くなったり、白っぽく浮いたりします。しかし、今年の年末年始はたっぶりと食べた実感があるのに、眉間はきれいなままでした。これも、家内が食べさせてくれた水抜きコンニャクのおかげかもしれません。

東京農業大学教授 田中越郎先生の解説

水抜きコンニャクは、外食が多い人のダイエットや健康管理にうってつけ。コンニャクのカロリーは100gに5kcalほどですから、肉や魚介類の代わりに水抜きコンニャクを使えば、食事のカロリーを大幅に落とすことができます。

 

水抜きコンニャクには、外食では取りづらい食物繊維やカルシウムも豊富に含まれています。便通がよくなっ
たのは、この食物繊維のおかげかもしれません。


腸をきれいにする「水抜きコンニャク」で年末年始も体重が変わりなし関連ページ

わずか3カ月で47kgから40kgに減!調理も簡単「水抜きコンニャク」ダイエット
食事はおいしくたっぷりと食べたい。でもやせたい! という人は、ぜひ水抜きコンニャクを試してみてください。
「水抜きコンニャク」はダイエットに理想的な食材
いつもの食事に少しコンニャクを加えれば、不足しがちな食物繊維をある程度補うこともできます。
3カ月でドカンと12kgもやせた「水抜きコンニャク」
水抜きコンニャクの適度なかみ応えは、早食いによる大食を避けることもできます。
「水抜きコンニャク」でお通じの具合が変わりベスト体重まで減量!肌も荒れにくくなった
水抜きコンニャクは、いつもの料理に手軽に取り入れることができます。家事や育児で忙しい人のダイエットに役立つ食材と言えるでしょう。
「水抜きコンニャク」の効果で、体重が1週間で2kg以上減りました。
食物繊維が多い水抜きコンニャクを食事に取り入れれば、ダイエット中の便秘は防げます。