なかなか体重が落ちない!

神奈川県 38歳 主婦の方の体験談です。

ほぼ大半を私が食べた

 

私が橋爪佐和子先生の紹介で「水抜きコンニャク」を食べ始めたのは、2015年の正月明けです。

 

いつも50〜52kgで維持している体重が54kg強に増えたため(身長は165cm)、体重調整をするのが目的でした。

 

水抜きコンニャクは、夕食のメニューに取り入れました。肉ジャガや妙め物など、家族4人で取り分けるメインメニューに、肉や野菜などと合わせて加えたのです。

 

使ったコンニャクの量は1食で4分の3〜1枚ほど。家族も食べましたが、ほぼ大半を私が食べました。

 

水抜きコンニャクは高野豆腐のように味がよく染みます。最初はチャーシューを作るさいに、お肉と一緒に長く煮てみたのですが、これは味が濃くつき過ぎて食べられませんでした。

 

煮物に使う場合は、最後に加えて軽く火を通す程度でよいようです。

子供たちも食感を面白がって食べる

食感は、想像した以上に硬くかみ応えのある物でした。臭みなどはありません。

 

薄切りの水抜きコンニャクを水炊きに入れ、ポン酢で食べたこともありますが、あっさりとおいしく食べられました。鍋に入れると、子どもたちも「何これ?」と面白がって食べます。

 

こうして集中して水抜きコンニャクを食べた結果、1週間で2kg以上減って体重を元に戻すことができました。私の場合、朝食をスムージーにするなど食事の総量も減らしたため、水抜きコンニャクだけでやせたとは言い切れません。

 

ただ、いつも食事を減らして体重調整を始めると1〜2日でお通じが滞るのですが、今回はそれがありませんでした。1日1回、いつもと変わらぬ量でお通じがついたのです。

 

また、食事を減らすと生理前にあごのラインの肌が荒れてざらつくのですが、今回はそれもありませんでした。

 

体重が元に戻ってからは、週に1〜2回の頻度で水抜きコンニャクを食べています。おなか周りはかなりスッキリしてきましたが、太ももはまだイマイチです。

 

しばらく水抜きコンニャクを食べてみるつもりです。

東京農業大学教授 田中越郎先生の解説

ダイエット中に便秘になるという人は少なくありません。これは、食事の量が少な過ぎるために腸が刺激されず、うまく働かないからです。

 

食物繊維が多い水抜きコンニャクを食事に取り入れれば、便秘は防げるでしょう。ただし、栄養のバランスが偏らないように気を付けましょう


「水抜きコンニャク」の効果で、体重が1週間で2kg以上減りました。関連ページ

わずか3カ月で47kgから40kgに減!調理も簡単「水抜きコンニャク」ダイエット
食事はおいしくたっぷりと食べたい。でもやせたい! という人は、ぜひ水抜きコンニャクを試してみてください。
「水抜きコンニャク」はダイエットに理想的な食材
いつもの食事に少しコンニャクを加えれば、不足しがちな食物繊維をある程度補うこともできます。
3カ月でドカンと12kgもやせた「水抜きコンニャク」
水抜きコンニャクの適度なかみ応えは、早食いによる大食を避けることもできます。
「水抜きコンニャク」でお通じの具合が変わりベスト体重まで減量!肌も荒れにくくなった
水抜きコンニャクは、いつもの料理に手軽に取り入れることができます。家事や育児で忙しい人のダイエットに役立つ食材と言えるでしょう。
腸をきれいにする「水抜きコンニャク」で年末年始も体重が変わりなし
肉や魚介類の代わりに水抜きコンニャクを使えば、食事のカロリーを大幅に落とすことができます。