なかなか体重が落ちない!

飲み過ぎには注意が必要

 

20歳を過ぎると、お酒を嗜む機会も一段と増えるのではないでしょうか? お酒はダイエット中には大敵です。ビールや日本酒には糖質が含まれていて、食事のコントロールをしていても、お酒を飲むことで容易に糖質を摂取してしまいます。

 

適度の飲酒では、血流を促進しストレス発散にもなるので、悪い面ばかりではありません。良い面も大いにあります。

 

しかし、飲み過ぎには注意が必要です。飲み過ぎは、血中の中性脂肪を増やす上、アルコールが体内にまわることにより、食欲や消化能力が高まるので、どうしてもカロリー過剰摂取になりがちです。

 

飲み過ぎに注意して、おつまみも塩分の強いものを避けて、サラダ、冷や奴、酢の物など、高タンパクでミネラル、ビタミンが豊富な食べ物を選ぶようにすると良いでしょう。

こんなおつまみは避けたい

○おすすめのおつまみたち

 

焼き鳥(塩)ねぎま・砂肝など、酢の物や漬け物、刺身、枝豆など

 

○できれば避けたいおつまみたち

 

焼き鳥(たれ)つくね かわ 手羽先 など、揚げ物、ピザなど

 

どうしても「飲み過ぎた!」という場合には、次の日からまたカロリーオーバー分を考えて、食事のメニューを改めてみましょう。 お酒を飲むとあらかじめわかっている時は、その前後で調整するようにすれば、相対的にカバーできます。


お酒の席でのテクニック関連ページ

身体に必要な栄養素 糖質・タンパク質・脂質
日々の生活でバランスよく摂取することによって、身体の栄養状態は管理されています。
身体に必要な栄養素 ビタミン・ミネラル・食物繊維・ファイトケミカル
日々の生活でバランスよく摂取することによって、身体の栄養状態は管理されています。
栄養素を取り巻く現状
野菜から摂取することはとても難しい現状にあります。
食事の取り方について
ただ食事量を減らすだけでは、リバウンドにつながってしまいます。
ダイエットによい食べ方のコツ
20分以上かけてゆっくり食べるということを心がけましょう。
水分補給について
飲み過ぎには注意し、適度な量を飲みましょう。