なかなか体重が落ちない!

48kgの体重を維持しています

 

私がブログで、金沢のグルメ情報の紹介を始めてから、丸4年がたちました。

 

私が1年で訪れるお店は、およそ600軒。1日に少なくとも1〜2軒、多いときで3〜4軒のお店で食事をしています。

 

それぞれのお店で、チェックしたい料理がフルコースであれば、最初から最後まで、すべていただいて帰ります。それは、コースを食べきったことで、初めてわかる満足感があるからです。

 

ですから、3軒め、4軒めでも、「食事を楽しみながらも、キッチリ食べきる」のが、私のポリシーです。

 

こうした食生活だと、「太りませんか」とよく聞かれます。

 

昔はいくら食べても太りませんでしたが、今はさすがに食べすぎると、たちまち太ってしまいます。そこで、いろいろなやり方を試して、自分なりの太らない方法を見つけました。

 

その一つが、「腰ひねりダイエット」です。この腰ひねりダイエットのおかげで、48kgの体重を維持しています(身長167・5cm、体脂肪16%未満)。

寝る前に行うと翌朝はウエストがスッキリ!

では、腰ひねりダイエットのやり方をご紹介しましょう。

 

@ 足を肩幅に問いて立ちます。

 

A 両腕を右側に伸ばします。右腕は、指先が肩より高くなるように、左腕は、やや下に伸ばします。その状態で、左右の腕を右後方に振ります。同時に、ウエストを右にひねってください。

 

B 両腕を左側に伸ばします。左腕は、指先が肩より高くなるように、右腕はやや下に伸ばします。その状態で、左右の腕を左後方に振ります。同時に、ウエストを左にひねってください。

 

B、Cを交互に行います。

 

その際、顔と視線はなるべく真正面を向いたまま行います。また、両腕と腰をひねったところで、一拍動きを止めて、ためをつくると、リズムが取りやすいでしょう。

 

腕を振った回数を数えながら、行ってください。私の場合、腰ひねりを500回行っています。

 

ただ、いきなり500回は難しいでしょう。ですから、最初は、楽にやれる回数から始めてください。20回でも、初めはけっこうきつく感じるはずです。

 

慣れてきたら、徐々に回数をふやしていきましょう。数を数えながら、リズミカルに腕を振ると、やりやすいと思います。

 

腰ひねりは、体重を量って、「今日はやっばり食べすぎたかな」と思ったら、寝る前に必ず行います。寝る前に腰ひねりを行うと、翌朝起きたときには体重は元に戻り、ウエストもスッキリしています。

少し太ったとこるでいち早くやせる!

ほかにも、私の体重維持のポイントがあります。

 

その一つが、体重を小まめに量ることです。私は1日3回以上、体重計に乗るようにしています。朝夕食前と、夕食後の3回は必ず計測します。測る回数をふやせばふやすほど、やせやすくなる実感があるからです。

 

私の場合、ブログで体重を公表していて、それも、モチベーションになっています。異性に報告したり、手帳に記録したりするのもお勧めです。

 

もう一つが、いつも腹筋に力を入れておくことです。歩いているときも、座っているときも、意識して腹筋に力を入れるようにしています。さらに、移動はほとんどが徒歩です。私はたいてい着物を着ていますが、それでも、早歩きを心がけています。目標は、1日1万歩です。

 

また、自分で料理をする際、酒粕をよく使っています。酒粕は、アミノ酸が豊富で、美肌効果も高く、余分な脂肪を体外へ排出する効果も高いそうです。私は、ペースト状の酒粕をスープに混ぜたり、いろいろな形で食べています。

 

体重は大幅にふえてしまってからだと、元に戻すのが大変です。少し太ったところで腰ひねりダイエットをするだけで、いち早くやせられると思います。腰ひねりダイエットは即効性があるので、ぜひ試してみてください。

 

新幹線が金沢まで開通して、東京からの距離もグッと縮まりましたので、皆さんも、ぜひ金沢のおいしいものを食べにきてくださいね。


1級フードアナリスト雅珠香(あすか)さんがいくら食べても太らない秘密は「腰ひねりダイエット整体」関連ページ

「腰ひねりダイエット」で二の腕やわき腹、背中のぜい肉が取れ、肌がキレイに
3食しっかり食べても、スタイルはキープできるようになります。
「腰ひねりダイエット」で2か月で3kgダウン!体脂肪も減った!
骨盤のゆがみが取れて、使うべき筋肉がしっかり使え、下半身がやせていきます。