なかなか体重が落ちない!

下半身デブの体形から脱却した千葉県 45歳 人形作家 女性の方の体験談です。

MEC食に出会った

 

私は5年前に、そう状態とうつ状態をくり返す、双極性障害の診断を受けました。

 

薬を飲み始めてから、症状はかなり落ち着きましたが、その薬には、体重がふえるという副作用があったのです。このため、病気がよくなるとともに、体重がふえてきました。

 

この5年で、体重が48kgから60kgに(身長162cm)。そして、昨年の初め、さらに太ってしまい、64kgになってしまったのです。しかし、薬を飲まないわけにはいきません。

 

そこで、少しやせなければと思い、私に合ったダイエット法を探し始めました。そして、いろいろ調べているときに出会ったのが、MEC食でした。

 

MEC食は、炭水化物などの糖質をひかえて、肉、卵、チーズなどを積極的に食べる食事法です。MEC食を提唱している渡辺信幸先生の本を読み、昨年4月から始めました。私の1日の食事は、次のようなものになります。

 

朝は、子供たちのお弁当用に、サンドイッチを作ります。私だけパンは食べずに、具材の卵やひき肉だけを食べています。それに、紅茶に生クリームを入れて飲んでいます。

 

昼は一人なので、200〜250gくらいの安いステーキ肉を焼いて食べます。肉が150gくらいでやや小さめのときは、さらに、ゆで卵を2個食べるようにしています。

2サイズ下のズボンがスルッとはけた!

 

夕食も肉中心です。鶏のから揚げなどは、一度に2kgくらい揚げています。鍋やカレーなども、肉が占める割合は80%ほど。パッと見たところ、肉しか見えないような状態です。

 

こうした食事を続けていたところ、最初の3カ月で7kg体重が落ち、57kgになりました。

 

以前、試した糖質制限食では苦労したのに、2kgしかやせなかったので、その違いに驚きました。

 

びっくりしたのは、スタイルがよくなったことです。私は昔から下半身デブで、歴史の教科書に出てくる土偶そっくりだといわれてきました。

 

それが、やせた結果、おなかも凹み、下半身がスッキリしたのです。2サイズ下の昔のズボンが、スルッとはけるようになりました。

 

それだけではありません。胸が大きくなっていました。ブラジャーを買い替えたところ、サイズが大きくなっていたのです。最初はなにかの間違いだと思って、計測し直してもらったら、間違っていませんでした。まさか、この年齢で胸が大きくなるなんて驚きました。

ひどい肩こりもよくなっていった

また、体調がとてもよくなりました。まず便秘が改善し、肌がツルツルになったのです。私はこれまでひどい便秘症で、、食後に下剤を飲まないと、何日も便通がありません。

 

それがMEC食を始めてからは、朝、自然に便意があり、下剤も必要なくなったのです。

 

また、ひどい肩こりに悩まされていましたが、気がつくと、肩こりもよくなっていました。今では、肩こりを感じない日のほうが多いのです。

 

それに、精神的にも安定してきました。以前は、治療薬のほか、睡眠薬も欠かせませんでした。それが今では不要になり、治療薬も、徐々に量をへらせています。

母の昔のシワがなくなり若返った!

71歳の母にも、MEC食を勧めました。母は年齢的に、首のあたりがシワシワになっていました。それがMEC食を続けているうちに、シワがなくなり、皮膚がピンと若返ってきました。

 

また、物の名前がパッと出てこないことが多くありましたが、今では物忘れをしなくなったそうです。確かにはたから見ても、母の頭がしっかりしてきた印象があります。ほんとうに勧めてよかったと思います。

 

始める前は、MEC食は食費がかかりすぎるかなと心配していました。でも、実際に始めてみると、食費は意外とかかりません。MEC食を始めると、お米やお菓子、ジュースなどを購入しなくなるからです。また、それほど野菜をとる必要がないのも、安く上がる秘訣の一つかもしれません。

 

なによりうれしかったのは、やはり以前に比べて、断然元気になったことです。母と同じように、私自身も若返りつつあると、日々実感しています。MEC食を続けることで、1年後がどうなるかがとても楽しみです。

こくらクリニック院長 渡辺信幸先生の解説

MEC食を続けていくと、スタイルがよくなって、やせていきます。それと同時に、どんどん健康になっていきます。

 

細胞の材料となるべき、たんばく質と脂質をたっぷり摂取するため、肌がツルツルになり、血管自体が若返り、脳にもいい影響が及びます。

 

というのも、脳は、40%のたんばく質と60%の脂質から成り立ち、ひと月の間に、全体の40%の細胞が入れ替わります。細胞が作られる際には、多くのたんばく質と脂質が必要とされるのです。それらが不足すると、脳機能に悪影響が及び、高齢者なら脳の萎縮が進行します。

 

MEC食によって、じゅうぶんなたんばく質や脂質を摂取したことが、症状の改善や、お母様の物忘れ予防にも、役立ったのでしょう。


3カ月で7kg体重が落ちたのは肉、卵、チーズなどを積極的に食べるダイエット法のおかげ関連ページ

肉・卵・チーズを積極的に食べるとダイエットが成功
体重が自然とへり、生活習慣病などが改善して、どんどん健康になっています。
やっぱり肉は太らない!ものまね芸人みかんさんがダイエットに成功した秘訣
肉類を積極的に食べるようになったおかげで、20kgもやせて芸の幅が広がり仕事が増えました。
肉・卵・チーズなどを食べるMEC食で34kg減!夫も13kgやせた!
MEC食によって、女性はくびれができて、スタイルがよくなり、男性はより男性らしくなっていくのです。
肉・卵・チーズダイエットでおなか周りがスッキリ!妻は糖尿病が改善
油を多用する中華料理は太るイメージがありますが、たんばく質と脂質をしっかり摂取することが基本で、むしろ健康的な食事といってよいのです。
肉・卵・チーズなどを毎食きちんと食べるとおなかの脂肪がなくなっていった
3カ月の糖質カットで、トレーニングでも取れなかったおなかの脂肪がなくなっていったのです。