なかなか体重が落ちない!

52歳で体内年齢は36歳!見た目は30代前半!

 

栄養科学博士のオーガスト・アーゲスハイマーさんは、40代まで、今よりもずっと見た目が老けていました。それに、40種類以上のサプリメントを飲んでいた時期もありましたが、それでも疲れが抜けず、体調不良に悩まされていました。

 

30代から毎日のようにジムに通い、2時間のうち、1時間は腹筋を鍛えていたものの、腹筋はいっこうに割れません。それどころか、ポッコリと下腹が出ていたのです。

 

それが、52歳の現在、体内年齢は36歳で、見た目は30代前半に見られることもあります。疲れ知らずで、毎日はつらつと暮らせているのです。今では、腹筋はきれいに割れています。

 

腹筋の回数をふやしたわけでも、サブリを別のものに変えたわけでもありません。40代後半で一念発起し、自分を変えることができたのです。

 

その方法が、今回ご紹介する食事法です。オーガストさんの食事法のポイントは、五つあります。

 

@ 糖質をカット

 

A 動物性たんばく質は3回以上に分けて摂取

 

B 毎食グリーンリーフ(濃い緑色の粟野菜)をとる

 

C いい油をたっぷりとる

 

D 食事の間隔を4時間以上空けない

おなかの脂肪がみるみるうちになくなっていった

 

まず、おなかが凹まないのは、炭水化物のとりすぎで消費しきれなかった糖質が、脂肪としておなかに蓄えられた結果です。

 

オーガストさんが本格的に糖質カットを試みたのは、47歳のとき。3カ月の糖質カットで、トレーニングでも取れなかったおなかの脂肪が、みるみるうちになくなっていったのです。

 

糖質は、甘いものだけでなく、白米やめん類、パンなどの炭水化物のほか、ジャガイモやトウモロコシなどの糖質含有量の多い野菜も控えました。

 

そのかわり、肉・卵・チーズなどを毎食きちんと食べることで、細胞の形成に必要な、アミノ酸などを含む動物性たんばく質をとるようにしたのです。

質のよい油はたっぷりとりましょう

1日に必要なたんばく質の量は、約60g。人体が1回で吸収できる量は限られており、その日安が毎食20g程度なのです。

 

ただ、実際の肉の量は、20gでいいというわけではありません。たんばく質の含有量は、肉で20%、魚で5〜10%ほどです。ですから、1食の肉の量は、100〜150gになります。魚だと、肉の倍は量をとる必要があります。

 

こうして肉、魚の摂取がふえると、血液が酸性に傾きます。これを解消するために、高アルカリ性のグリーンリーフを毎食大量に摂取するのです。私の場合、グリーンリーフを粉末にした健康食品なども適宜利用し、ビタミン、ミネラル、フィトケミカルを補充しています。

 

また、エクストラバージンオリーブオイルやゴマ油などの質のよい油は、体を動かすエネルギー源になるので、たっぷりとりましょう。「油は太る」と勘違いして、オイルカットをする人がいます。しかし、それでは、肌にハリがなくなり、顔や全身がたるむ原因にもなるのです。

 

食事の回数も重要です。1日3食のほか、昼食と夕食の間に食べることで、血糖値の増減がおさえられるので、体への負担が少なくなるのです。

グリーンリーフをたっぷりとっている

オーガストさんの1日の食事は、だいたい以下のとおりです。

 

朝は、主に卵料理です。卵3個を、ゆで卵やオムレツにして食べます。卵は、ほぼすべての栄養素が含まれたスーパーフードです。遺伝的にコレステロールを代謝できないかたを除けば、卵のとりすぎを心配する必要はありません。

 

昼も、卵料理やステーキなどの肉料理を食べます。それから、夕食までの間に、ナッツやアボカド、ゆで卵、チーズなどをよく食べています。

 

夕食は、牛肉のたたきや刺身など、生肉や生魚にしています。これは、夜の消化負担をへらすためでもあります。

 

また、朝、昼、夜ともに、質のよい油をかけたグリーンリーフをたっぷりとっているのです。

 

1週間のうち、月曜日から6日間、このような食事法にしています。糖質カットをがんばったら、日曜日は糖質を含む好きなものを、好きなだけ食べてもいいでしょう。こうしたごほうびがあることで、次の6日間、またがんばれるからです。

228ミリあった血糖値が正常化

最後に、この食事法が効果を上げた例をご紹介します。

 

50代後半の男性は、3カ月で75kgの体重が11kg減。ウエストもスッキリしました。228mg/dlあった血糖値が、
97mg/dlに下がり(基準値は110mg/dl来満)、10・8%あったヘモグロビンA1c(過去1〜2カ月の血糖状態がわかる数値で、基準値は6・2%未満)が、6・8%に下がっています。

 

40代前半の男性は、なかなか落ちなかった体重が、3〜4カ月で5kg減。おなかが凹み、入らなかった細身のズボンが入るようになりました。体が明らかに元気になったそうです。

 

40代前半の女性は、悩んでいた髪のパサつきがなくなり、肌にハリが出て、キメが細やかになりました。気になっていたおなか周りもスッキリ。常にあった疲労感が解消したそうです。

 

オーガスト流の食事法を試し、その効果のほどを実感してみてください。


肉・卵・チーズなどを毎食きちんと食べるとおなかの脂肪がなくなっていった関連ページ

肉・卵・チーズを積極的に食べるとダイエットが成功
体重が自然とへり、生活習慣病などが改善して、どんどん健康になっています。
やっぱり肉は太らない!ものまね芸人みかんさんがダイエットに成功した秘訣
肉類を積極的に食べるようになったおかげで、20kgもやせて芸の幅が広がり仕事が増えました。
肉・卵・チーズなどを食べるMEC食で34kg減!夫も13kgやせた!
MEC食によって、女性はくびれができて、スタイルがよくなり、男性はより男性らしくなっていくのです。
肉・卵・チーズダイエットでおなか周りがスッキリ!妻は糖尿病が改善
油を多用する中華料理は太るイメージがありますが、たんばく質と脂質をしっかり摂取することが基本で、むしろ健康的な食事といってよいのです。
3カ月で7kg体重が落ちたのは肉、卵、チーズなどを積極的に食べるダイエット法のおかげ
MEC食は、たんばく質と脂質をたっぷり摂取するため、肌がツルツルになり、血管自体が若返ります。