なかなか体重が落ちない!

息はまず吐くことが大切

 

呼吸というと、大きく息を吸ってから吐く、そう思っていませんか? でも、それは間違いです。息は、最初に吐くことが大切です。空気は、吸わずとも自然に入ってきます。

 

今回ご紹介する「ミトコンドリア呼吸」は、気功からヒントを得て、工学博士の曽紅先生が考案した、「やせる呼吸法」のことで、カエルのようにおなかを膨らませるのが特徴です。やり方は、

 

@おなかをへこませながら、息を5秒吐く(吐気:とき)。

 

Aおなかを膨らませながら、8秒かけて空気をおなかに納める(納気:のうき)。

 

B1秒息を止める(閉気:へいき)。

 

Cおなかをもう一段、大きく膨らませる(強納気:きょうのうき)。

 

以上です。脂肪の分解は20分たったころから始まるので、朝昼晩の1日3回、20〜30分行うといいでしょう。途中でお茶を飲んだりトイレに行くなど休み休みやってもけっこうです。テレビを見ながら、歩きながら、電車の中で立ったまま、行ってもいいのです。。

 

注意点ですが、AとCのプロセスで、決して息を「スゥー」と吸ってはいけません。息を吐いた後に、空気が自然に体に入ってくるのを待ちます。

 

やせたい人は、吐く息を短くして、納める息を長く行います(納気延長)。

 

それでは、曽紅先生がミトコンドリア呼吸を考案したいきさつをご説明しましょう。

無理なダイエットから膠原病を発症

 

中国の大学で日本語の教師をしていた曽紅先生は、30年前に来日しました。40歳を過ぎたころからむくむくと太り始め、気付いたときには、体重は68kg(身長157cm)になっていたのです。

 

これはいけないと、無理なダイエットを始めたところ、次第に手の関節が痛みだし、ひどい頭痛や息切れ、倦怠感に襲われるようになったのです。

 

曽紅先生は、病院で膠原病と診断されました。処方された薬を飲んだところ、今度は不眠やめまい、うつなどの症状に苦しむようになりました。

 

数年ほど苦しい日々を送っていたとき、中国の中医薬大学の医学気功に出合って、気功の勉強を始めたのです。

 

気功の呼吸法を練習するうちに、膠原病の症状はすっかり改善しました。でも、体重は少しも変わりません。なんとかやせたいと思った曽紅先生は、やせる呼吸の研究を始めました。

1年3カ月で18kgやせた

その原点になったのが、カエルのようにおなかを膨らませて呼吸をする「青蛙功(チンワーゴン)」です。これは、最初におなかを膨らませながら息を吸います。

 

しかし、曽紅先生は、最初に息を吐いたほうがやりやすいと思いました。また、息を意識的に吸うと体が冷えると感じました。

 

そこで、気功で行っていた、空気を吸わずに、息を吐いた後に空気をおなかに納める「吐納法(とのうほう)」という呼吸法に着目しました。こうして、青蛙功と吐納法を組み合わせたのが、ミトコンドリア呼吸です。

 

曽紅先生は、ミトコンドリア呼吸を毎日行って、1年3カ月で18kgやせて50kgになりました。以来、この体重を維持しています。

 

また、曽紅先生の呼吸教室で行った調査でも、目覚しい結果が出ています。調査の開始当初、生徒さん54名の平
均体重は、61kgでした。

 

このうち、ミトコンドリア呼吸を3カ月続けた人は平均で2kg減、6カ月続けた人は平均6kg減、9カ月続けた人は平均で9kgも減少したのです。

 

また肥満の指標であるBMIも、24・8から22・6に下がりました(標準値は25未満)。ちなみに、被験者はミトコンドリア呼吸を1日3回、1回につき20分行いました。

細胞のミトコンドリアが活性化して脂肪を分解

ミトコンドリア呼吸は、なぜこれほど効果があるのでしょうか。その理由は、細胞の中のミトコンドリアにあると、曽紅先生は考えています。

 

ミトコンドリアは、細胞の一つ一つの中にあるエネルギーを合成する器官です。同時に、脂肪を分解する唯一の器官でもあります。ミトコンドリアに酸素が供給されると、脂肪を分解する酵素がいっせいに働き出し、脂肪が分解されます。

 

分解された脂肪はエネルギーに変換され、熱(体温)やホルモンが合成されます。そしてその燃えカスとして、二酸化炭素が吐き出されます。

 

ミトコンドリア呼吸によって、たくさんの酸素がミトコンドリアに供給されれば、それだけ脂肪の分解が進み、エネルギーや体熱が産生されます。

 

すると、体温が上がり、免疫力(病気に抵抗する力)が高くなるだけでなく、やせやすくなります。また、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)の働きも正常化するため、暴飲暴食が抑えられ、ホルモンの分泌も活性化します。

 

見た目も若々しくなるうえに、不眠や冷え症、頭痛、肩こり、生理不順、不妊、不育症、更年期障害など、さまざまな不調が改善されています。

 

実際、曽紅先生の生徒さんたちは、年々若返っており、精神的にもとても明るく元気です。

 

慣れるまでは少し難しいかもしれませんが、ミトコンドリア呼吸から得られる効果は絶大です。ぜひお試しください。


やせた人が続出!「ミトコンドリア呼吸」ダイエット関連ページ

おなかがすかない呼吸法「ミトコンドリア呼吸」
エネルギーのもとになる脂肪や炭水化物を、必要以上に摂取する必要がなくなってくるのです。
「ミトコンドリア呼吸」ダイエットで体調が整い65kg減!
場所も取らないし、何かをしながらできるのが、この呼吸法のよいところです。
ミトコンドリア呼吸で自然に6kgもやせた!食べ過ぎても体重を維持できる
ミトコンドリア呼吸を行うと、体脂肪がエネルギーに変わり、自律神経の働きがレベルアップします。
ミトコンドリア呼吸で体重も減って腰痛まで解消
ミトコンドリア呼吸は、花粉症のようなアレルギーにも有効です。
運動など無理とあきらめていた私がミトコンドリア呼吸で7kg減!
この呼吸法をすると、腰回りからやせてくびれができ、手足も細くなるので、女性にはとても喜ばれます。