なかなか体重が落ちない!

腸から出るホルモンがダイエットに役立つ!

 

ダイエットを成功させるために不可欠な条件の一つに、「腸の健康」があります。私たちの体は、腸内環境が悪いと、便秘や下痢になるだけでなく、代謝に影響を及ぼします。それが、肥満の原因になるのです。

 

腸は消化・吸収や、排泄に重要な働きをするだけではありません。体の免疫細胞の約6割が腸に集中しています。つまり、腸が健康でないと免疫が低下し、病気にかかりやすくなるわけです。逆にいうと、腸を健やかに保てば、ダイエットに有効ですし、健康にもなれるのです。

 

最近、ダイエットに役立つホルモンが腸から分泌されていることがわかりました。それが、小腸の下部にあるL細胞から分泌される「GLP-1」というホルモンです。

 

このGLP-1の研究が進んだのは、そもそも糖尿病の治療に有用だと考えられたからです。私たちは食事をすると、血液中の糖(血糖)がふえますが、膵臓からインスリンが分泌されて、余分な糖を肝臓や脂肪細胞に取り込みます。

 

ところが、インスリンの分泌量がへったり働きが悪くなったりすると、余分な糖を取り込むことができず、血液中に糖分が多くある状態が続いて、糖尿病になるのです。

自然と満腹感が高まり食欲がおさえられる

 

GLP-1には、インスリンの分泌を促す働きがあります。さらには、同じく膵臓から分泌される、血糖値を上げるグルカゴンというホルモンがふえるのを抑制してくれます。

 

つまり、血糖値を下げる働きを助け、血糖値を上げる働きをおさえる二つの働きをするのです。実際、このGLP-1の糖尿病治療薬が開発され、現在、使われています。

 

では、GLP-1は、なぜダイエットにも役立つのでしょうか。腸は、脳と密接な関係があり、GLP-1も脳の食欲中枢
を抑制することが研究によって判明しています。つまり、GLP-1が直接脳へ働きかけて、満腹感がもたらされるのです。

 

また、胃の内容物の排出を遅らせる働きがあることもわかっています。これにより、内容物が胃に滞在する時間が長くなり、自然と満腹感が高まり、食欲がおさえられて、ダイエットにつながるというわけです。

 

このようにGLP-1は、糖尿病の改善にも肥満の改善にも優れた効果をもたらします。

ダイエットに役立つホルモンの分泌をさかんにできる

しかしながら、GLP-1治療薬は、今はまだ糖尿病の人にしか使えません。糖尿病でない人が、薬を使わずこのホルモンの分泌をさかんにするには、どうしたらいいでしょう。

 

東京医科大学内科教授の小田原雅人先生が勧めているのが、サバなどの育背の魚を食べることです。サバには、EPA(エイコサペンタエン酸)という不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。EPAは、血液中の中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあり、高脂血症や足の動脈硬化症の治療薬にも応用されています。

 

やせホルモンGLP-1を分泌するL細胞には、このEPAの受容体があるという事実が、最近になって判明しました。

 

つまり、EPAがL細胞を刺激して、GLP-1の分泌を促す作用が期待できるわけです。このことは、世界で最も権威のある科学誌『ネイチャー』でも発表されています。

 

つまり、EPAを多く摂取すれば、ダイエットに役立つホルモンのGLP-1の分泌をさかんにできるのです。

良質で大量のEPAを水煮缶で摂取できる

EPAを多く含んでいるのは、なんといっても青背の魚ですが、なかでもサバやイワシに豊富に含まれています。EPAは脂なので、脂がのった旬の時期のものを食べるのがお勧めでしょう。

 

しかし、旬でなくても心配はいりません。サバの水煮缶なら、旬の時期にまとめて作られるため、1年を通して、良質で大量のEPAを摂取できます。

 

缶詰の場合は、材料を缶に詰めて、密封した状態で加熱するため、サバの脂を失うことなく、すべて摂取できるメリットもあります。ですから、缶に残った汁も利用するといいでしょう。

 

ただし、サバの水煮缶を、一度に大量に食べるのは、あまりお勧めできません。脂が多いので、当然、カロリーオーバーの心配があるからです。多くても1〜2日に1缶を目安にしてください。週3回くらい食べるのが理想的です。また、水煮缶の脂だけを料理に利用してもいいでしょう。

 

もちろん、EPAの摂取が目的ですから、サンマやイワシを食べても大丈夫です。

 

また、サバの水煮缶といっしょに、食物繊維をとることもお勧めします。

 

食物繊維は胃で消化されずに腸に達し、短鎖脂肪酸になって腸の細胞を刺激します。この刺激が、GLP-1の分泌を促進するからです。こうしてEPAと食物繊維を組み合わせれば、脳の食欲中枢を効果的に刺激でき、少量の食事でも、満腹感を得られるでしょう。

 

腸から「やせホルモン」のGLP-1の分泌を効率的に促すことができるサバの水煮缶を、ぜひ食生活に取り入れ、ダイエットに役立ててください。


やせるホルモンの分泌をさかんにできるサバ缶ダイエット関連ページ

ダイエットに成功し肌がきれいになったのはサバ缶ダイエットの効果
薬膳的に見ると、サバは「括血」食材といい、血の巡りを促し、老廃物を洗い流します。
サバ缶ダイエットで5.5kgやせ目の下のクマや手のしびれまで消えた
ハードな仕事をしていたのに、体重が増えて悩んでいたけど、サバの効果でみごと減量に成功しました。
朝にお勧めのサバ缶カレーはやせるだけでなく高血圧や脳卒中も予防する
サバ缶カレーを朝に食べる習慣をつければ、きっとダイエットや健康に役立つはずです。