なかなか体重が落ちない!

子供も高齢者もカレーは朝に食べよう!

 

日本薬科大学学長・百済診療所院長の丁宗鐵先生が、朝食にカレーを食べる「朝カレー」を提唱するようになったのは、15年以上も前からです。カレーはまさにスパイスの宝庫。スパイスは漢方では生薬(漢方の原材料)であり、それを朝食べることで、代謝が上がり、元気が出るのです。

 

そもそも丁宗鐵先生が朝カレーに注目したのは、子供たちの引きこもりの相談がきっかけでした。こうした子供たちは偏食が多く、生活が不規則。また、体が冷えていて、低体温が多いという傾向がありました。

 

その点、カレーは血流をよくして体温を上げ、新陳代謝を活発にする作用があります。しかも、カレーは栄養のバランスがよく、野菜嫌いの子供でも野菜を食べることができます。そのカレーを朝に食べれば、子供たちが朝から元気になり、偏食も改善されると考えたのです。

 

実は、こうした子供たちだけでなく、高齢者も低体温で代謝が低下している人が多くなっています。こうした高齢者も、カレーを食べるなら、休息を取る夜ではなく、活動を始める朝のほうが望ましいといえるのです。

朝カレーのおかげで体重もふえず、血圧も基準値を維持

ちなみに、丁先生自身も、15年前から朝カレーを実践しています。その効果で、肥満が解消し、高血圧が改善しました。

 

当時の丁先生は、体重が77kgあり、標準体重をかなり超えていました。それが、週に3〜4回、朝カレーを食べたところ、徐々に体重が減少しました。1年半ほどで16kgやせて、61kgになったのです。カレーの効果で、血流がよくなり、体の代謝が上がったためでしょう。

 

血圧も、以前は最大血圧が150mmHg、最小血圧が90mmHgと高めでした(基準値は、最大血圧が140mmHg未満、最小血圧が90mmHg未満)。それが、体重がへっていくとともに、最大血圧が100mmHg、最小血圧が70mmHg前後で安定するようになったのです。

 

なお、現在も丁先生は、週に2回は朝カレーを食べています。その成果か、体重もふえず、血圧も基準値を維持しています。

サバ缶カレーは忙しい朝でも手軽に作ることができる

 

カレーはスパイスや具材によって、いろいろなバリエーションがあり、丁先生は約15種類のカレーを作ります。その中で、

 

丁先生が朝カレーの一つとして、いちばんよく食べているのが「サバ缶カレー」です。

 

サバ缶カレーは、温めた豆乳にカレールウを溶かして、缶詰めのサバの水煮を加えるだけの超簡単カレーです。これなら、忙しい朝でも手軽に作ることができるでしょう。

 

具となるサバには、EPA(エイコサペンタエン酸)などのオメガ3という不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。オメガ3には、悪玉といわれるLDLコレステロールをへらして動脈硬化をおさえ、脳卒中を予防する効果があります。

脳の血流を促して脳卒中を防ぐ!

さらには、血液をサラサラにして血流をよくする働きもあるので、代謝が上がって、ダイエットに役立つと考えられます。

 

加えて、カレーは脳の血流量をふやします。丁先生が以前行った実験でも、カレーを食べると脳の血流が促進されることが明らかになりました。その働きの中心となる成分が、カルダモンという成分。香りが高く、脳血管を拡張して、血液をふやす作用があるのです。

 

また、カレーの黄色い色のもととなっているターメリック(ウコン)には、強い抗酸化作用があり、動脈硬化やガンを予防する効果も報告されています。

 

このように、サバ缶カレーは、ダイエットに役立つだけでなく、動脈硬化を防いで脳の血流を促し、高血圧や脳卒中を予防する働きが期待できるのです。

作り置きのカレーやレトルトカレーにサバを入れてもOK

また、サバ缶カレーは、たんぱく質の供給源としても最適です。高齢者は、動物性たんばく質を敬遠しがちです。しかし、たんばく質は細胞や血管の材料になる不可欠な栄養素で、不足すると、血管がもろくなり、脳卒中を起こしやすくなります。

 

サバ缶カレーは、豆乳ベースですからダイズたんばく質もあり、サバの動物性たんばく質も摂取できます。

 

カレーのルウは、トウガラシの少ない甘口のものがお勧めです。トウガラシの辛みは、舌への刺激が強すぎるからです。物足りなかったら、ショウガのスパイスを加えてください。

 

ルウの脂分が気になる人は、量を少なめにして、その分、ガラムマサラという混合香辛料を加えるといいでしょう。

 

朝は忙しくて時間がないという人は、作り置きのカレーやレトルトカレーにサバを入れてもけっこうです。また、タマネギなどの野菜を炒めて、サバ缶カレーに加えたら、より栄養バランスがよくなります。

 

皆さんも、それぞれの生活スタイルや好みに応じて、サバ缶カレーを作ってみてください。これを、朝に食べる習慣をつければ、きっとダイエットや健康に役立つはずです。


朝にお勧めのサバ缶カレーはやせるだけでなく高血圧や脳卒中も予防する関連ページ

ダイエットに成功し肌がきれいになったのはサバ缶ダイエットの効果
薬膳的に見ると、サバは「括血」食材といい、血の巡りを促し、老廃物を洗い流します。
やせるホルモンの分泌をさかんにできるサバ缶ダイエット
腸から「やせホルモン」の分泌を効率的に促すことができるサバの水煮缶を、ぜひ食生活に取り入れてください。
サバ缶ダイエットで5.5kgやせ目の下のクマや手のしびれまで消えた
ハードな仕事をしていたのに、体重が増えて悩んでいたけど、サバの効果でみごと減量に成功しました。