なかなか体重が落ちない!

太った体が嫌で引きこもりの毎日

 

私は、身長が154・5cmと小柄なほうで、体重は46kgでした。しかし、40歳を目前にして体調をくずしたのを機に、10kgも太って、56kgになってしまいました。

 

気がつけば3段腹になり、お風呂で下を向いたら、おなかがじゃまして、足元が見えません。文句なしのデブになったと、我ながらビックリしたほどです。

 

手持ちの服は、いずれもファスナーが上がらなくなり、着られるのはゆったりとした大きめの服ばかり。腕は丸太のように太く、リンパが滞っているせいか、特に上腕部がパンパンでした。でも、デブは他力本願なもので、エステに行けば解決すると思っていました。

 

当時は体調も最悪で、多くの症状を抱えていました。とはいえ仕事の締め切りがあるので、寝ているわけにはいきません。刺激の強いドリンク剤を1日に何本も飲み、無理をして、しのいでいました。

 

太った体が嫌で、外に出る気もなくなり、取材や握手会もできるだけ回避。まさに、引きこもり状態の毎日を送っていたのです。このころが、私の「暗黒デブ期」でした。

いつでも手軽に食べられます

 

なんとかしてこの状態から脱出しなければと、一念発起したのが、44歳のときです。仕事柄、外食や出前に頼っていた食事を自炊に切り替えました。摂取カロリーを極力おさえるようにしたことで、体重はみるみる落ちていきました。

 

ところが、7kgほどやせたところで下げ止まりました。それを機に、ジムに通って筋トレを始めたところ、バストが一気にしぼんでしまったのです。

 

これはまずいと思い、それまで極力おさえていた食事量を増やしました。このときは、おからを活用して、重宝しました。

 

また、ビタミンやミネラルを補給するため、野菜もたっぷり食べるようにしました。このとき、大活躍したのが、キャベツを酢に漬けた酢キャベツです。

 

私はもともと、キャベツが大好きで、それまでもよく、蒸しキャベツをポン酢で食べていました。しかし、酢キャベツにして常備しておけば、いつでも手軽に食べられます。酢の健康効果も加わり、一石二鳥です。

以前のスカートはブカブカではけない!

酢キャベツは毎食時に、必ず最初に食べるようにしました。早く満腹感が得られて、そのあとの食事量がおさえられるからです。食べる量は、小さいご飯茶碗に1杯くらいです。

 

こうして酢キャベツダイエットを始めたら、なんと8カ月で14kgも体重が減りました。さらにダイエットに励んだところ、もう2kg落ちたので、46歳のときには40kgになりました。

 

合計で、16kgもの減量に成功したのです。

 

バストは、しぼんでCカップになっていたのが、Eカップに復活しました。調べたところ、どうやらキャベツには、女性ホルモンを活性化する成分がありバストアップ効果も期待できるようです。

 

おからにも、女性ホルモンのような働きをするイソフラボンという成分が含まれているので、両方の作用でバストが大きくなったのかもしれません。

 

ウエストも、キュッとくびれました。以前のスカートやズボンをはくと、自分がもう1人、入るのではないかと思うほど、ブカブカで、もう着られません。

 

酢キャベツダイエットで体質が改善されたので、今までの不調も一掃されました。「暗黒デブ期」を脱出し、まるで生まれ変わったように毎日が楽しく活動的になり、うれしい限りです。

東京医科歯科大学名誉教授 藤田紘一郎先生の解説

キャベツの食物繊維は、食欲を抑制するだけでなく、腸の働きを活性化します。代謝が上がり、脂肪の燃焼効率が高まります。酢にも、内臓脂肪や皮下脂肪を減らす作用があります。そのため、8カ月で14kgという大減量が成功したのでしょう。

 

キャベツのボロン(ホウ素)というミネラルは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌を増やすため、バストアップ効果も期待できます。


画家の柴田亜美さんも実感!酢キャベツダイエットを始めたらデブから脱却関連ページ

酢キャベツダイエットの効果で1か月7kg減!バリエーションも豊富で飽きない
酢キャベツダイエットを続けたおかげで好きな歌を歌い続けることができた
酢キャベツダイエットでやせたことは、大きな出来事でした。
食前に食べる酢キャベツで19kgも減量でき体が軽くなった
先にキャベツを食べると、満腹中枢が刺激されダイエット効果が期待できます。
医師が自ら体験!酢とキャベツの相乗効果で体重が大幅に減り血糖値も安定
酢とキャベツ、二つの優れた食品を、ふだんの食事の中にうまく組み込んでいくといいでしょう。
酢キャベツダイエットを続けたところ、およそ8カ月で10kgのダイエットに成功
肌の調子も安定し、肌トラブルが起こることもなくなり、喜んでいます。