なかなか体重が落ちない!

国立循環器病研究センター移植医療部医師 Y先生の体験談です。

血糖値は基準値を超えていた

 

かつて私は、体重が96・6kgまで増えたことがありました(身長は171cm)。そのときは体脂肪率が43%もあり、太りすぎは明らかでした。

 

中性脂肪値なども高かったのですが、最も心配だったのが、血糖値です。空腹時の血糖値が、150mg/dlと、基準値の110mg/dlを超え、ヘモグロビンA1cも、5・8%と、当時の基準値を超えていました。

 

自分自身、いわゆる「境界型糖尿病」と判定していました。

 

もともと私の家は、糖尿病の家系です。それを考慮すれば、糖尿病の大きな誘因である肥満は、一刻も早く解消しなければいけません。

 

そんなときに、吉田俊秀先生(当時・京都市立病院糖尿病・代謝内科部長)の講演を拝聴しました。そこで、先生が、糖尿病改善のために考案された「食前キャベツ」を知ったのです。

食事量を減らすことができる

 

その代表的な効果を挙げると、まず第1に、生のキャベツをよくかんで食べると、満腹中枢が刺激され、空腹感に悩まされることが少なくなり、食事量を減らすことができます。

 

第2に、食事量が減って内臓脂肪が減ると、過剰に分泌されていたインスリン(血糖値を下げるホルモン)の分泌が、正常化し、この面からも肥満解消に役立ちます。

 

第3に、キャベツに含まれる食物繊維の効果もあります。キャベツの食物繊維は、腸で糖質の吸収を緩やかにして血糖値の上昇を抑制します。

 

これら複数の効果によって、キャベツは、肥満解消に大いに役立つのです。そこで私は、1日3回の食前に、6分の1個分のキャベツのざく切りを食べるようにしました。

大きく突き出たおなかが引っ込んだ!

確かに、キャベツをよくかんで食べると、かなりの満腹感が得られます。当初から、それが実感できました。主食のご飯は、1食当たり120gにおさえ、魚は80g、肉も80gを目安にとることにしました。キャベツ以外の野菜も、油や砂糖を過剰に使わない調理法で、たくさんとるように心がけました。

 

また、握りこぶし大の果物を1日2個、食後に食べるようにしました。勤務の合間に小腹がすいたときには、キャベツをかじるようにしました。

 

減量は順調でした。食前キャベツを始めて10日めには、体重は5kg減。その後も1カ月当たり6〜7kgずつ減っていき、半年で、33kgもの減量に成功したのです。

 

96・6kgだった体重は、63・2kgになったので、文字どおりの大減量です。43%あった体脂肪率は23%に、119cmあったウエストは83cmと、36cmも縮みました。大きく突き出ていたおなかは引っ込み、二重あごも引き締まり、別人に見えるほどスッキリしました。

 

血糖値は、150mg/dlが、98・6mg/dlに。5・8%あったヘモグロビンA1cは、4・6%になり、どちらも基準値内に収まるようになったのです。

酢とオリーブオイルで自家製ドレッシング

その後、私は、やせすぎた結果、腰を痛めてしまったので、少し体重を戻すことにしました。それで、データの上ではいちばん長生きできる数値とされる、BMI(肥満度を示す指標の一つ)25を目安とすることにしました。私の場合でいえば、体重は約73〜74kgということになります。

 

それからは、この体重をキープするように心がけてきました。今から、3〜4年前には、仕事のストレスが大きかったせいで、77kgまで体重が増えてしまったこともありましたが、そのときも、1カ月くらいかけて、体重を3kg落とし、目標体重に戻しました。

 

このように、体重の増減は多少ありましたが、やせてから現在まで、いちばん懸案だった血糖値は、きちんと基準値内をキープできています。

 

ちなみに、食前キャベツを始めたとき、私自身は、ノンオイルのドレッシングを、キャベツにかけて食べることが多かったのです。市販の青じそドレッシングを使うこともありましたが、ときには、酢とオリーブオイルで、自家製のドレッシングを作り、それをキャベツにかけて食べることもありました。

ふだんの食事の中にうまく組み込んでいく

あらためていうまでもありませんが、酢もキャベツも、共に非常に健康によい食品です。

 

キャベツについてはすでにふれましたが、酢についても、疲労回復を促し、血圧を下げ、内臓脂肪を減らすなど、多くの健康効果が報告されています。

 

これからダイエットしようと考えているかたや、血糖値を下げたいかたは、酢とキャベツ、二つの優れた食品を、ふだんの食事の中にうまく組み込んでいくといいでしょう。

 

糖尿病の改善を目的に、キャベツダイエットをする際は、ご自分の体重の、5〜10%程度の減量を目安にすることをお勧めします。これくらいの減量でも、血糖値抑制の効果はかなりあるはずです。


医師が自ら体験!酢とキャベツの相乗効果で体重が大幅に減り血糖値も安定関連ページ

酢キャベツダイエットの効果で1か月7kg減!バリエーションも豊富で飽きない
酢キャベツダイエットを続けたおかげで好きな歌を歌い続けることができた
酢キャベツダイエットでやせたことは、大きな出来事でした。
画家の柴田亜美さんも実感!酢キャベツダイエットを始めたらデブから脱却
キャベツの食物繊維は、食欲を抑制するだけでなく、腸の働きを活性化します。
食前に食べる酢キャベツで19kgも減量でき体が軽くなった
先にキャベツを食べると、満腹中枢が刺激されダイエット効果が期待できます。
酢キャベツダイエットを続けたところ、およそ8カ月で10kgのダイエットに成功
肌の調子も安定し、肌トラブルが起こることもなくなり、喜んでいます。