なかなか体重が落ちない!

ストレッチとは「筋肉を伸ばす」こと

 

ここまでは運動について述べてきましたが、運動するのと同時に、ストレッチをしていくとさらに効果は期待できます。ストレッチとは「筋肉を伸ばす」ことです。

 

ストレッチには様々な効果があります。筋肉や結合組織の柔軟性向上、筋肉の緊張緩和、血流の改善、神経機能の向上、筋萎縮の抑制などです。ほかには関節可動域の拡大やスポーツにおいては障害予防になります。

 

難しい言葉をズラズラ書いてしまいましたが、とにかく良いことがたくさんあります。 という事をわかっていただければと思います。

ストレッチの種類

 

一言でストレッチとはいえ、いくつか種類があるので、ご紹介します。

 

・静的ストレッチング

 

スタティックストレッチングとも言います。一番イメージしやすいのはこれだと思います。ゆっくりと筋肉を伸ばしていく手法です。適度に伸びたところでその姿勢を20〜30秒ほど保持します。

 

ゆっくり伸ばすことによって、伸張反射(筋肉内のセンサーが反応をすると反射的に筋肉を収縮させようとする反射)を防ぎます。スタティックストレッチングには、リラクゼーション効果があり、誰でも安全で効果的に筋肉を伸ばせるポピュラーな手法です。

 

・バリスティックストレッチング

 

スタティックストレッチングのような、ゆっくりした動作で行うのとは異なり、反動をつけて、その反動で筋肉を弾ませて伸ばす手法です。

 

代表例でいえば、ラジオ体操やブラジル体操のような、柔軟体操に多く用いられる手法です。 さきほど述べた伸張反射が起きやすい手法なので、競技スポーツのアップなどで使われることが多いです。

 

・PNFストレッチング

 

PNFとは固有受容性神経促通法という、リハビリテーションで多く用いられる手法を取り入れたストレッチングです。これは主に、パートナーにかけてもらうことが多いので、一人で行うことは少ないです。

理想のボディラインを手に入れるために

ダイエットにおけるストレッチングは、主にスタティックストレッチングを使用します。ストレッチングは毎日行うと、リラックスと、その日の疲労物質を解消するのにも効果的なので一石二鳥です。起床時や就寝前に取り入れるようにしましょう。

 

筋肉の柔軟性が向上されると、姿勢が良くなる、基礎代謝があがる、ボディラインがきれいになるなどの効果が期待できます。やせ細ったダイエットではなく、理想のボディラインを手に入れるためには、このストレッチングは必須事項になってくるでしょう。

 

また筋力トレーニング等の後の「筋肉痛」を起きにくくするので、次の日に影響がでないように行うセルフケアの一環としても効果的です。


ストレッチの重要性関連ページ

運動の種類と必要性
運動の種類には有酸素運動と無酸素運動があります。
どんな運動をしたら良いのか?
運動習慣が今までにあった人となかった人とではやり方は異なります。
運動をする上での注意点
無理をして身体を壊してしまっても意味がありません。