なかなか体重が落ちない!

寝る前に行うとより効果的

 

・基本姿勢:イスに座るか、またはあおむけに寝て両ひざを立てた状態で行う。

 

1.肋骨の下ヘリのラインを手のひらでさする。左右同時に、往復10回行う。気持ちいい力の入れ具合でさする。

 

2.太ももの付け根のライン(鼠径部)を手のひらでさする。左右同時に、往復10回行う。気持ちいい力の入れ具合でさする。

 

3.おなか全体を、時計回りに円を描くように手のひらで10回さする。気持ちいい力の入れ具合でさする。

 

4.おなかをもみ上げる:もみ上げるポイントはへそを中心に指幅4本分離れた円を描くように8か所

 

・両手の人さし指、中指、薬指を第1関節が重なるくらいそろえて重ねる。

 

・もみ上げるポイントに手をそのまま当てて軽く押し込み、鼻からスーッと息を吸ったら、短くリズミカルに「ホ、ホ、ホ、ホ、ホ、ホ、ホ、ホ、ホ、ホ(ホを10回)」と言いながら息を吐き、それに合わせて指先でおなかを揺らすように押し上げる。

 

・残りのポイントも同様にしてもみ上げる。

 

※もむというより揺らす感じ。おなかの中を優しく混ぜるようなイメージで行う。

 

5.おなか全体を、時計回りに喜円を描くように手のひらで10回さする。気持ちいい力の入れ具合でさする。

 

1.〜5.を1セットとして、1日最低1セット行う。 食後すぐ以外ならいつやってもいいが、入浴時や入浴後、寝る前に行うとより効果的。痛かったり苦しかったりする箇所は、弱めの力でもみ上げる。

「おなかもみ上げ」のやり方関連ページ

簡単にできるおなかのセルフケア法「おなかもみ上げ」
おなかをケアすることで、一気にダイエット効果や健康効果が表れ始めることが多いのです。
「おなかもみ上げ」で太りにくくやせやすい体になることができる
ストレスで痛めつけられた心身の回復を促したりできます。
「おなかもみ上げ」でおなかペタンコ!不眠も解消!
今までと同じ運動量でも、むくみが取れて筋肉がつくので、少しの努力で体が引き締まっていきます。