なかなか体重が落ちない!

ポッコリの原因は食べ過ぎとは限らない

 

そんなに太っているわけではないのに、おなかだけが、ポッコリ前に突き出ている。食事に気を付けているのに、おなかのぜい肉はいっこうに減らない。そんなご相談が、健康運動指導士の植森美緒先生の元に日々寄せられます。

 

植森先生が健康運動指導士として活動するなか、多いのが「ポッコリ出たおなか」や「おなかのたるみ」の悩みです。

 

食事の管理はとても大事ですが、食事に気を付けても、おなかの悩みは、なかなか解決できません。体重が減っても、気になるところの脂肪は落ちない。そんな経験のある人も多いのではないでしょうか。

 

運動も、激しい負荷をかけるほど体に効きそうな感じがするかもしれません。しかし、きつい運動はおなかをへこませる効果は、実はあまり高くないのです。それどころか、無理な運動は、かえって腰痛、ひざ痛のもとになってしまいます。

 

では、どうすればおなかのポッコリは解消されるのでしょうか。

おなかをへこませるためには腹横筋を鍛えればいい

そもそも、おなかがポッコリ出てくる原因は、おなか回りの筋肉がたるんでしまっていること。特に腹横筋が衰えている点にあります。

 

腹横筋は、肋骨と骨盤の間にある、いわゆるインナーマッスルと呼ばれる深層筋で、おなかをへこませることで鍛えられる筋肉です。コルセットのようにおなかを取り囲み、内臓を支える役割をしています。

 

腹横筋がたるんでくると、内臓をしっかり支えられずに、おなかが前に出っ張ってしまいます。すると体は内臓を外部の衝撃から守ろうとして脂肪をため込み、結果としてさらにおなかが出ます。

 

ということは、おなかをへこませるためには、腹横筋を鍛えればよいわけです。

年齢にかかわらず行え手軽で安全

そこで植森先生が考案したのが「30秒おなかしぼり」です。正式には、ダイエット・ドローインといいます。コルセットのような働きをしている体幹部の筋肉を、腹横筋を中心に鍛えるので、ポッコリおなかを解消するのに即効性抜群の方法です。

 

ドローインとは、元々は理学療法の専門用語で、おなかをへこませるという意味です。へこませることに、おなかやせの効果があると気がついた植森先生は、もう20年以上、より効果的なおなかのへこませ方を研究してきました。

 

今回は、年齢にかかわらず行える、手軽で安全なやり方を紹介します。

 

1.正しい姿勢で立つ

 

2.ヘソを内側に引き込むイメージで、下腹部を思いっきりへこませる

 

3.2の状態を30秒間続ける

 

この3ステップのみです。とても簡単な方法ですが、効果は絶大です。何回か行うだけで、その場でおなか回りが10cm以上細くなる人も珍しくありません。

おなかのポッコリが解消されるダイエット・ドローイン「30秒おなかしぼり」関連ページ

「30秒おなかしぼり」でポッコリおなかがすぐにペタンコに!
腹横筋をより活動させるため代謝も高まり、やせやすい体がつくれます。
その場で10cm以上サイズダウン!きれいに細くなる「30秒おなかしぼり」
1日2回、1回30秒のおなかしぼりと、日々の生活でおなか回りを意識して過ごすだけ