なかなか体重が落ちない!

骨盤の開閉がスムーズに行われているか

 

あなたのおなかが太っている原因。それは、骨盤の動きが悪くなっているからかもしれません。

 

野口整体(整体の創始者といわれる野口晴哉氏が唱えた独自の方法論)では、骨盤は、時間帯や季節によって閉じたり、開いたりすると考えています。

 

例えば、一日の時間帯でいうと、朝は骨盤が閉じていて、夜になるにつれて開いていきます。季節だと、夏は開きぎみ、冬は閉じている傾向が強くなります。女性の場合は、生理や出産のときは開いて、終わると閉じます。自律神経とも関係していて、緊張しているときは骨盤が閉じ、リラックスしているときは骨盤が開きます。

 

このように、骨盤の開閉がスムーズに行われているのが、体のよい状態です。

骨盤が固まると太りやすい

しかし、骨盤の動きが悪くなって中途半端な状態で止まってしまうと、体にいろいろな不具合が起こります。

 

例えば、季節の変わり目に調子が悪くなる人は、骨盤の動きが悪くなって、季節の変化に対応しにくい体になっていると考えられます。

 

梅雨時に息苦しさを感じる人も、骨盤の動きが悪くて、皮膚呼吸がしにくくなっている可能性が高いです。また、寝付きにくい、眠りが浅いという人は、夜になっても骨盤が開きにくくなっているのかもしれません。

 

さらに、股関節が悪い人も、骨盤の動きが悪くなっている傾向が強いようです。

 

骨盤の動きが悪いと、内臓の働きが低下して代謝が悪くなります。特に、骨盤が開いた状態で固まっている人は、太りやすく、むくみや便秘にもなりやすいといった傾向が見られます。

骨盤が開いた状態で固まっている人は、太りやすく、むくみや便秘にもなりやすい関連ページ

骨盤の動きをよくする「骨盤落とし」でやせる!むくみも解消!
やる気が出ない、行動力がない、注意力散漫、ドカ食いをするといった現象も減ってきます。
整体サロンで教わった「骨盤落とし」で腸が活発に
骨盤落としは、骨盤にショックを与えて、固まっていた骨盤の動きをよくする体操です。
「骨盤落とし」で腰回りのダイエットに成功!体が軽くなった!
骨盤落としをやり始めてからは、食べる量も自然に減りました。