なかなか体重が落ちない!

30代半ばからみるみる体重が増えていった

 

名古屋市在住の中川絵美さん(46歳・仮名)は、若いころから大食漢で、かなりの量を食べていました。

 

揚げ物などこってりしたものが好きで、しかも早食い。それでも若いころは49kg(身長167cm)をキープしていました。

 

ところが、34歳ごろから途端に体重が増えてきたのです。年齢とともに新陳代謝が悪くなったのでしょう。

 

さらに、40代半ばから婦人科系の病気でホルモン剤を飲むようになると、体重はますます増加しました。2年前には、ついに自身史上最大の67kgになってしまったのです。

 

そんなとき、体のゆがみや肩こり、だるさなどを解消したくて訪れた整体サロンで、ダイエットに有効という「骨盤落とし」を教わりました。

この体操はきっと自分に合っている

整体院の松森有紀先生によると、骨盤落としは、骨盤にショックを与えて、固まっていた骨盤の動きをよくする体操だそうです。

 

中川さんは、腰周りが張っていて、上半身は9号サイズなのに、下半身は11号が入らないこともありました。骨盤が開いたまま固まっていると、太りやすくなるそうです。おそらく、中川さんもそうだったのでしょう。

 

そこで、骨盤落としをやってみることにしました。松森先生は「3回やればいい」と言いましたが、中川さんは朝出かける前と、夕方お風呂に入った後に、それぞれ5回ずつ、1日合計10回やっています。

 

骨盤落としをやると、不思議なことに、おなかがゴロゴロとなり始めます。中川さんは便秘ではないのでお通じへの影響はわからないのですが、腸が活発になるということは、この体操はきっと自分に合っているのだと解釈しています。

整体サロンで教わった「骨盤落とし」で腸が活発に関連ページ

骨盤が開いた状態で固まっている人は、太りやすく、むくみや便秘にもなりやすい
おなかが太っている原因は、骨盤の動きが悪くなっているのかもしれません。
骨盤の動きをよくする「骨盤落とし」でやせる!むくみも解消!
やる気が出ない、行動力がない、注意力散漫、ドカ食いをするといった現象も減ってきます。
「骨盤落とし」で腰回りのダイエットに成功!体が軽くなった!
骨盤落としをやり始めてからは、食べる量も自然に減りました。