なかなか体重が落ちない!

お尻ではなくウエストを回す

 

おなか回しは、振り子運動の一種です。

 

足を肩幅に開いて、全身の力を抜いて、でんでん太鼓を振るように、なるべく余分な力を使わずに腕を振ります。
行うえでのポイントがいくつかあるので、紹介しておきます。

 

@ひねるのは「ウエスト」

 

ひねる部分はあくまでもウエストです。お尻をひねらないようにしましょう。

 

ウエストとは、ミロのビーナスのくびれラインが入っているところです。つまり、ヘソの少し上になります。

 

ウエスト=腰と考え、骨盤を回すと勘違いする人も多いのですが、骨盤を大きく動かしてしまうと、不安定になるうえ、肝心のウエストがあまりひねられず、くびれを作る効果も半減してしまいます。

 

なるべく骨盤を回さず、ウエストをしっかりひねり、上半身をひねるのがおなか回しの基本です。

 

上半身をしっかりひねることで、腹筋、背筋から、体の深層部にある筋肉まで、多くの筋肉がバランスよく効率よく動いて、さまざまな効能を発揮します。

 

 

 

 

A「視線で体を引っ張る」つもりで行う

 

おなか回しを上手にするコツは、「目で体を引っ張る」感じで、首、肩、ウエストを次々に動かすことです。

 

腕を振ろうと意識するのではなく、視線を後方に移しながら、肩からぶら下がった腕を体にまとわりつかせましょう。

 

B体の後ろの「目標」を決める

 

体をひねるときは、真後ろに何か目標物を決めておくとやりやすいでしょう。

 

体が硬い人は、精いっぱい向けるところまででけっこうです。続けているうちに、だんだんと後ろを向けるようになってきます。

5分以上は行わない

おなか回しを行うのは、1日1回です。

 

左右の回転を1セットとして、30〜50セットを行いましょう。時間にすると3〜5分程度といったところです。

 

途中で頭がクラクラする場合は、回数を少なめにしてください。慣れるにつれ回数を増やして構いませんが、5分を限度にしましょう。

 

注意していただきたいのが、ひざの向きです。

 

ウエストをしっかりひねったときに、軸足のひざが内側に入りやすくなります。このような動きを続けていると、ひざの故障や痛みにつながります。

 

つま先とひざ頭は、常に同じ方向を向いているようにして、軸足のひざが横振れしないように注意して行うようにしましょう。

ウエストをひねるだけ!おなかやせ効果抜群の「おなか回し」のポイント関連ページ

わずか4回でもダイエット効果が表れた「おなか回し」
個人差がありますが、気らくに続けていれば、誰でも必ず効果が出てきます。
ウエストをひねるだけの「おなか回し」なぜこれほどの効果が得られるのか
年齢を問わず、誰でも手軽に行えるダイエット法です。
おなかやせ効果抜群の「おなか回し」のやり方
おなか回しを習慣にすると、基礎代謝がアップして、やせやすい体に変わるのです。
気になるハミ出し肉が消えた!背すじも伸びた「おなか回し」のすごい効果
おなか回しは、内臓の働きが改善し、便秘も解消します。