なかなか体重が落ちない!

「おなかつまみ」でポッコリしていたおなかがペタンコに!記事一覧

「おなかつまみ」でやせたい部分が思い通りにやせる!

整膚(以下、皮膚つまみ)は、1992年に、名古屋で徐堅(じょけん)先生が創始しました。皮膚をつまんで引っ張るという大変シンプルな技法ですが、その効果は絶大です。肌の若返りや免疫力のアップ、疲労回復などの、さまざまな効果が期待できます。では、皮膚を引っ張るだけで、どうしてこうした効果が現れるのでしょう...

≫続きを読む

 

「おなかつまみ」は、皮下脂肪を燃やしてやせるだけでなくリラックス効果も

おなかつまみで、ポッコリしたおなかが凹んだ人の例をご紹介しましょう。50代で看護師のある女性は、おなかつまみを毎日欠かさずに行っていたところ、おなかについていた大量の脂肪が取れました。3カ月で20kgもやせることができたうえ、小顔になってきれいになったそうです。さらに、ひざ痛や高血圧も解消しました。...

≫続きを読む

 

1日5分でOK!おなかつまみの効果的なやり方とポイント

ポッコリおなかの解消に役立つおなかつまみのやり方を、ご紹介しましょう。まず、つまむ部位ですが、基本的には「みずおちの下の両側」「へその両側」「へその10cmほど下」の計5カ所です。特にウエストにくびれを作りたい人は、体の両わきにも行うと、さらに効果的です。つまみ方は、皮膚の厚みによって異なります。皮...

≫続きを読む

 

「おなかつまみ」で、食事制限や運動は全くしないでやせた!

愛知県にお住いの田中佳さん(53歳:医師:仮名)は、西洋医学以外で人を健康にできる方法はないかと、いつも考えていました。そんなときに出会ったのが、整膚、つまり皮膚つまみでした。皮膚をつまむことで健康になるというので、あるとき興味本位に、整膚のお試しコースに参加しました。そこで、首や肩の周りの皮膚をつ...

≫続きを読む

 

「おなかつまみ」でーカ月に3kgの減量に成功!

愛知県にお住いの川井武さん(70歳・無職・仮名)は、以前は不動産の仕事をしていましたが、2015年に業務委託を受けていた親会社が倒産し、仕事を失ってしまいました。希望をなくして悶々とした日々を送るうちに、いつしか体調をくずし、うつになってしまったのです。何をやっても楽しくなくなり、唯一の楽しみは、食...

≫続きを読む

 

「おなかつまみ」の効果でダイエットに成功し、うつまで克服

ところで、おなかつまみを始めてから、健康上変わったことがありました。それは、下痢をしなくなったことです。川井さんは、胃腸が弱く、すぐに下痢をしていたのですが、おなかつまみで内臓が強くなり、とても助かっています。あるとき胃腸の調子が悪かったので、クリニックで検査を受けると、十二指腸潰瘍と診断されたので...

≫続きを読む

 

「おなかつまみ」でポッコリしていたおなかがペタンコに

愛知県にお住いの青山光子さん(45歳・主婦・仮名)が、「整膚」という、皮膚をつまむ健康法を学び始めたのは、17年くらい前になります。友達の話を聞いて、自分にもできそうと、直感的に思いました。青山さんのご主人は、いつも腰が痛いといっていたので、そのご主人の腰痛に効けばいいなという気持ちが、大きかったの...

≫続きを読む

 

「おなかつまみ」で夫婦そろっておなかがペタンコになり、健康状態も良好

愛知県にお住いの青山光子さん(45歳・主婦・仮名)は、「おなかつまみ」を、5年くらい前からご主人にもやってあげていました。当時ご主人は、腹囲が90・5cmあり、完全にメタボだったのです。おなかはまるでトトロのようでした。お孫さんが産まれたばかりだったので、川井さんが「そのままだと、孫と走り回って遊べ...

≫続きを読む

 

「おなかつまみ」の効果でおなか周りが10cmも細くなった

愛知県にお住いの江藤治子さん(仮名・51歳・調理師)が整膚(以下、皮膚つまみ)に出会ったのは、5年くらい前のことでした。ある日、新聞で皮膚つまみのことが紹介されていたのです。なんだかおもしろそうと興味を持った江藤さんは、皮膚つまみを習ってみようと思いました。皮膚つまみは、いつでもどこでもできます。習...

≫続きを読む

 

ほっそりと美しくなり、視力まで向上できた「皮膚つまみ」

江藤さんは、「おなかつまみ」でウエストが10cmも細くなりました。そして、皮膚つまみをいっしょに勉強していた友人の話ですが、彼女はかなりの肥満体だったそうです。そのことが信じられないほど、今ではほっそりと美しくやせています。彼女は、トイレに行くたびにおなかを引っ張っていたそうです。そんな話を聞くにつ...

≫続きを読む