なかなか体重が落ちない!

視力がかなり向上していた

 

江藤さんは、「おなかつまみ」でウエストが10cmも細くなりました。そして、皮膚つまみをいっしょに勉強していた友人の話ですが、彼女はかなりの肥満体だったそうです。そのことが信じられないほど、今ではほっそりと美しくやせています。彼女は、トイレに行くたびにおなかを引っ張っていたそうです。

 

そんな話を聞くにつけ、江藤さんは、あらためておなかつまみの効果のすごさを実感することができました。

 

ところで、健康診断でもう一つ驚いたのが、視力がかなり向上していたことです。これは、おなかつまみをするときに、目が疲れていたりすると目の周りの皮膚もつまんでいたため、その効果が現れたのだと思われます。

 

実は、江藤さんは加齢とともに、どんどん手もとの文字が見えにくくなっていました。いわゆる老眼で、新聞を読むときには、いつも老眼鏡が手放せませんでした。それが、いつしか裸眼でも文字が読めるようになっていた
のです。実際、視力検査の数値もアップしており、視力が向上したことが証明されました。

肩こりや腰痛に悩む同僚に皮膚つまみをしてあげる

江藤さんは、今もおなかつまみは続けています。ただし、仕事が忙しくて夜はぐったりとしてしまうので、朝起きたときと、おふろから出たときに、体をタオルでふきながらつまむ程度です。前のように頻繁にはおなかつまみをしていませんが、それでもウエストのくびれは健在です。

 

江藤さんは、ときおり体調不良で困っている人がいると、皮膚をつまんであげています。肩こりや腰痛に悩む職場の同僚に、皮膚つまみをしてあげるのです。皆さん、とても楽になったと喜んでくれています。

 

皮膚つまみのことを知って、自分のことだけでなく、周りの人まで楽にできるようになり、江藤さんは心からよかったと感謝しています。

世界整膚連盟整膚美容師会会長 蔡 晶先生の解説

おなかつまみは、簡単にできて、その効果は絶大です。毎日習慣にして実行すれば、確実におなかが凹んで、ほっそりとしたウエストが得られるでしょう。

 

つまんでいるうちに、おなかがポカポカと温かくなってくるので、冷え症の改善にも効果的です。

 

おなかだけでなく、二の腕、太ももなど、どんな部位でも皮膚をつまめば、気になるところを細くできます。

ほっそりと美しくなり、視力まで向上できた「皮膚つまみ」関連ページ

「おなかつまみ」でやせたい部分が思い通りにやせる!
代謝がよくなって脂肪細胞が燃えやすくなり、確実にやせることができるのです。
「おなかつまみ」は、皮下脂肪を燃やしてやせるだけでなくリラックス効果も
やせることができたうえ、小顔になってきれいになりました。
1日5分でOK!おなかつまみの効果的なやり方とポイント
疲れを感じないように、体力に合わせて、引っ張る力と時間を自分で調整しましょう。
「おなかつまみ」で、食事制限や運動は全くしないでやせた!
皮膚つまみは、いつでもどこでもできる、とても簡単な方法です。
「おなかつまみ」でーカ月に3kgの減量に成功!
ポッコリと出ていたおなかがペッタンコになったのです。
「おなかつまみ」の効果でダイエットに成功し、うつまで克服
胃腸の働きも改善されるので、便秘や下痢も改善するでしょう。
「おなかつまみ」でポッコリしていたおなかがペタンコに
おなかがやせたおかげか、健康診断の判定もよくなりました。
「おなかつまみ」で夫婦そろっておなかがペタンコになり、健康状態も良好
1日1回でも効果はありますが、たくさんやるほど効果が出やすい。
「おなかつまみ」の効果でおなか周りが10cmも細くなった
この年になっておなかがスマートになり、こんなにうれしいことはありません。