なかなか体重が落ちない!

魚には脳を活性化する物質が豊富に含まれている

 

ひと昔前、『おさかな天国』という歌がはやったことをご存じでしょうか。スーパーなどの魚売り場で流され、その特徴的なメロディーから人気に火がついた歌です。

 

気になるのは、この歌のとおり、本当に魚を食べると頭がよくなり、体にもいい影響があるのかということでしょう。

 

その答えは「YES」です。

 

魚には、脳を活性化するといわれるDHA(ドコサヘキサエン酸)や、性能維持に欠かせないアミノ酸、カルシウムなどが豊富に含まれているからです。

 

それでは、その魚から作られるかまぼこなどの練り物にも、食べると頭がよくなる効果があるのでしょうか?

 

そもそも、かまぼこは、主に白身魚を原材料としています。白身魚はマグロなどの赤身の魚に比べると、元々DHAなどが少ないのが特徴です。さらに、かまぼこは複雑な製造工程を経て作られますから、途中で栄養価がダウンすることもあるかもしれません。

 

そこで、マウス(実験用のネズミ)にかまぼこを与えて実験したところ、食べたマウスの脳神経細胞が活性化することがわかったのです。

かまぼこを食べたマウスの頭がよくなった

 

詳しく説明しましょう。

 

まず、脳の中には記憶にかかわる神経細胞があります。そして、神経細胞の周りには、それを守る補助的な細胞「グリア細胞」が存在しています。特にアストログリア細胞は、神経細胞を元気にするための神経成長困子をつくる役割を担っています。

 

実験で判明したのは、かまぼこを食べたマウスの脳内における神経成長因子が、食べなかったマウスよりも明らかに増えたこと。そして、それによってマウスの記憶力が向上するという事実でした。

 

それはステップスルー型受動的回避学習法という方法で明らかとなりました。中央に動物が通過できる隔壁のある明るい部屋と暗い部屋の二部屋からなる実験箱を用意し、暗い部屋に入ると微電流が走るという状況をつくりました。

 

マウスは明るい場所を不快に感じるため、通常、マウスは暗い部屋のほうに行きます。が、そちらに入ると電流が走るので、学習したマウスは、翌日からなかなか暗いほうへ行かなくなります。

 

これを、かまぼこを食べたマウスと食べなかったマウスで比べたところ、食べたマウスのほうが、暗い部屋に入る前に巡回する時間が長いことが判明しました。

 

この結果はマウスの頭がよくなった(記憶力が上がった)ことを示す一つの証拠といえるでしょう。

かまぼこが太りにくくやせやすい体をつくってくれる

加えて、かまぼこには、太りにくい体質をつくるという特徴があることもわかっています。

 

ラットという実験用の大型ネズミ2匹に高脂肪食を与え、一方の群だけにかまぼこもプラスして食べさせたところ、かまぼこを食べたほうが体重の増加が少なかったのです。

 

成長期のラットだったため、どちらも体重は増えているわけですが、かまぼこを食べているほうが体重1gの増加に必要なエネルギーが多くなって、太りにくくなっていたのです。すなわち、燃費が悪くなったような感じです。

 

以上は、あくまで動物実験のデータではありますが、この結果から見えてきたのは、かまぼこが人間の脳神経細胞を活性化させ、太りにくくやせやすい体をつくってくれる可能性が高いということです。

大きめの笹かま1枚でOK!

動物実験のデータから換算すると、人間がかまぼこの機能性を十分に享受するには、1日に40〜50g程度のかまぼこを食べる必要があります。

 

仙台白百合大学人間学部健康栄養学科の小嶋文博先生が生活する、仙台の名物「笹かまぼこ」であれば、ちょうど大きめの笹かま1枚分くらいです。実験はかまぼこで行いましたが、同じく魚の加工品である、ちくわやさつま揚げでも問題ないでしょう。

 

小嶋文博先生は、もう10年ほど前から朝はトーストなどに加え、笹かまぼこを毎回、食べています。

 

ここ十年来、仕事帰りが遅いため、夜遅い時間に食事をするようになりましたが、毎日笹かまぼこを食べているためか、太りにくい体質になったように感じています。

 

さらに、少々太り気味だった30代の知人の男性にも、かまぼこを勧めてみました。その知人は食事制限はせず、かまぼこを毎日プラスして食べるようにし、かつ、筋トレを少々行ったことで、2カ月で5kgほどやせ、見違えるほど引き締まった外見に変わりました。

 

また別の女性も、かまぼこを食べ始めたところ、これまでと同じように食事していたにもかかわらず、少し体重が落ちたそうです。

 

太りにくい体になり、脳細胞が活性化して、認知症予防や記憶力アップ効果も期待できるかまぼこ。皆さんも、毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 


動物実験で実証!かまぼこは頭がよくなり、太りにくい体質をつくる関連ページ

医師が21kgやせた!お酒もOK!1日1本「かまぼこダイエット」
木下医院副院長の木下雅雄先生が、2年ほど前から実践しているダイエットです。
「かまぼこダイエット」成功の秘訣
食べたいものも適度に食べつつやせられたのは、かまぼこのおかげ。
「かまぼこダイエット」で15kgやせた!
一度このダイエット法を身に付けると、リバウンドしないのも特徴です。
「かまぼこダイエット」のおかげで夫の体重が12kgも減って肩コリも楽に!
何かを我慢するようなダイエットはきっと続きません。