なかなか体重が落ちない!

「手首ブラブラ」のやり方

@ 右手の親指と小指で輪を作り、右手首のグリグリした部分を、左手の親指と小指で押さえる。

 

A 基本のポーズをつくり、右手首を左右に10回ほどブラブラと振る。逆の手も同様に行う。

 

「あばら骨こすり」のやり方

立って行う場合

 

@ 鏡の前に立ち、腕を片方ずつ後ろに回し、感覚と腕の開き具合を覚えておく。

 

A 足を肩幅に開いて立つ。

 

B 両手の親指抹ピンと立てたまま、4本の指でこぶしをつくる。

 

C 右胸の下の肋骨に、両手のこぶしの第2関節の部分を押し当てて、圧をかけながらコリコリとほぐす。

 

D 右胸の下から、右わき下、右の背中まで、手の届く範囲をコリコリほぐす。イタ気持ちいい強さで行う。

 

E 右腕を後ろ方向にグルグル回してみる。軽くなっていませんか?また、腕があばら骨こすりを行う前に比べて、耳に近づいていませんか?

 

F 左側も同様に、左胸から左わき、左の背中にかけて肋骨をコリコリとほぐしていく。

 

※片側1分くらい行う。慣れてきたら2〜3分行ってもよい。

 

寝転がって行う場合

 

@ 体の右側面を下にして、横になる(テレビを見るときのゴロ寝の姿勢)。頭の下に枕やタオルを置き、左足は体の前方に置いてバランスを取る。

 

A 両手の親指をピンと立てたまま4本の指でこぶしをつくり、こぶしの第2関節の部分を左側の肋骨に押し当てて、圧をかけながらコリコリとほぐす。このとき、左ひじは後方に引く。

 

B 今度は体の左側面を下にして、同様に右側の肋骨をほぐす。

 

※片側1分くらい行う。慣れてきたら2〜3分行ってもよい。左ひじを後方に引かないと、肋骨が狭まって刺激が伝わりにくい。

 

「手首ブラブラ」と「あばら骨こすり」のやり方関連ページ

「あばら骨こすり」は骨ストレッチの中でも特にダイエットに有効
はっきりと効果を実感するため、やる気がアップすること間違いなしです。
「あばら骨こすり」で18kg減!やせた私に息子も驚き!
ウエストからはみ出していた肉は、魔法のように消えてなくなりました。
「あばら骨こすり」でボクシングの腕がめきめき上達!ウエストにくびれも出現!
たった週2回の実行でこの結果が得られて驚いています。