なかなか体重が落ちない!

刺激をした瞬間に痛みが消失する

 

「指テーピングで体重が21kgも減った!」

 

「指にテープを巻いたら、その場でウエストが8cm細くなってビックリした」

 

など、「指テーピング」でダイエットに成功したという報告が、大津接骨院院長の石橋輝美先生の元に数多く寄せられています。この指テーピングとは、石橋先生が30年にわたって研究している「ペインシフト理論」による治療法です。

 

そもそもペインシフト理論とは、痛み(ペイン)がある状態を痛みのない状態に変換(シフト)する治療法です。これは、頭や首、背中、腰、ひざなど体の各部位と相関関係にある手の甲のポイントを刺激すると、その部位の痛みや不快症状を、一瞬のうちに消し去ることができるというものです。

 

ペインシフト療法の特長は、刺激をした瞬間に痛みが消失するなど、即効性があることです。ただ、刺激の効果が持続する時間には限りがあり、また、ある種の不快症状は、症状が完全に消失するまで一定の時間がかかるケースもあります。

 

そのためには刺激を継続する必要がありますが、その方法としてお勧めなのが、指のテーピングです。

手の指には大腸に対応するポイントがある

 

肥満体形や体重増加で悩む人は、数え切れないほどいます。その原因は、簡単に言ってしまえば、入るものと出るもののバランスが悪く、「入」が「出」をオーバーしているからです。食べた分をエネルギーとして消費しきれず、また、便として排泄できていないのです。

 

そのバランスの悪さは、冷えが原因になっています。冷えは体の中心である腸、特に小腸と大腸が接する回盲部にたまります。

 

回盲部に冷えがたまると大腸が弛緩して働きが悪くなり、内容物を肛門の方へ送るぜんどう運動が、円滑に機能しなくなることで便が滞留します。すると、排泄や代謝の力が弱くなり、食べた物が体の各部位に脂肪として蓄積するのです。

 

この大腸の働きの低下は、上行結腸(じょうこうけっちょう)、横行結腸(おうこうけっちょう)、下行結腸(かこうけっちょう)、盲腸の各パートで起こります。

 

上行結腸の働きが悪い人、横行結腸の働きが悪い人、下行結腸の働きが悪い人それぞれで、脂肪がたまる体の部位が違います。ちなみに、石橋先生の経験では、ほぼ7割の人が、上布結腸の働きが悪くなっているタイプです。

手の指には体の各部位と相関関係にあるポイントが存在する

弛緩して働きが悪くなった大腸を、何かの方法でキュッと収縮できれば、便の滞留は解消します。しかし、体の中にある大腸をひもで縛るわけにはいきません。

 

その唯一と言ってもよい方法が、ペインシフト理論に基づく手の指への刺激なのです。手の指には体の各部位と相関関係にあるポイントが存在するとお話ししましたが、もちろん、大腸それぞれのパートに対応するポイントもあります。

 

肥満体形や体重増加の原因が指にサインとして現れます。具体的には、人さし指、中指、薬指、小指の、それぞれの指の、第1関節と第2関節の間(中節骨)と第2関節と第3関節の間(基節骨)の、手の甲側の皮膚に盛り上がりとして現れます。

 

あごや首、鎖骨周り、肩、腕、背中に脂肪がついている人は、下行結腸で滞留があり、右手の人さし指にサインが現れます。上腹部やおなかが前に出ている人は、横行結腸に滞留があり、中指にサインが現れます。

 

おなかやウエスト、腰周りに脂肪がついている人は、上行結腸に滞留があり、右手の薬指にサインが現れます。へそから下や太もも、お尻など下半身太りの人は、盲腸と相関関係にある小指にサインが現れます。

テープで刺激した瞬間にウエストが細くなる

指の膨らみを指先やボールペンの先などで押して刺激をすると、ほかの場所とは明らかに違った、特異な痛みを感じるポイントがあるはずです。

 

その特異な痛みを感じるポイントに、市販の布製のサージカルテープなどを巻いて刺激してみましょう。

 

指テーピングで刺激した瞬間に、ウエストが細くなる、あごのラインがシャープになるなど、体形的な変化が確認できるはずです。そして、その部分を指テーピングで継続的に刺激をすることで、体形に変化が表れ、体重そのものも減ってきます。

 

なお、人さし指と薬指は、右手と左手で相関関係にある大腸のパートが入れ替わります。

 

効果的なテーピングのやり方は、まず中指の中節骨の真ん中にテープを巻きます。中指の中節骨の真ん中には食欲を抑制するポイントがあるので、ここにテープを巻いて、自然に食欲を抑え、「入」を調節するとよいでしょう。

 

その上でサインに沿って、もしくは自分がやせたい体の部分に対応している各指にテープを巻きます。

 

また、親指にはそれぞれの指テーピングの効果をさらにアップさせるポイントがあります。親指のポイントも上手に使って、指テーピングをぜひダイエットに活用してください。

 

 


指にテーピングするだけで21kgやせた!ウエストも細くなりビックリ!関連ページ

指テーピングダイエットの基本的なやり方とポイント
テープは1日中巻いておくことで刺激が持続し、より効果的です。
自然に食欲を抑えられる指テーピング「中指テープ」
やせたい部位がどこであろうと、まずは食欲を抑え、「入」を調整することが重要です。
背中のぜい肉、たるんだ二の腕の引き締めは、右手の人さし指、左手の薬指に指テーピング
バストの大きさを維持したまま、スッキリしてほしいところだけ部分やせができます。
中年太りを解消する「指テーピングダイエット」
継続して指テーピングをしていれば、くびれが復活することもあります。
「指テーピングダイエット」で下半身太りを解消
下半身太りが解消されれば、好きなファッションを楽しむこともできます。
「指テーピングダイエット」の効果を高めるのは親指
あくまで補助ポイントですが、効果をさらに実感していただくために紹介します。
パンツのウエスト部分がブカブカになる「指テーピングダイエット」
友人にも「やせたんじゃない?」と言われています。
「指テーピングダイエット」で2・5kgも体重が減りドレスも着れる
中指を刺激する指テーピングダイエットは、自然に食事の量が減る方法です。
下腹ポッコリが「指テーピングダイエット」で解消!適正な体重が維持できる
その人にとって適正な体重で健康を保つことが、ダイエットの本来の目的です。
「指テーピングダイエット」のおかげで4カ月後には15kgの減量に成功
なかなか下がらなかった血糖値も正常値まで下がって安定した。